コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠径リンパ肉芽腫(読み)そけいリンパにくがしゅ

百科事典マイペディアの解説

鼠径リンパ肉芽腫【そけいリンパにくがしゅ】

性病のうち4番目に病原体が発見されたので第四性病ともいう。クラミジアの感染症。感染して1〜2週間後,男女の外陰部に小丘疹,小水疱(すいほう),糜爛(びらん)をみるが,自覚症なく見のがすことが多い。次いで数週間後,鼠径リンパ節が腫大・癒着(ゆちゃく)して,こぶし大となり,膿を出す。高い弛張(しちょう)熱を示し,腹膜炎を起こすこともある。治療には局所の罨法(あんぽう)と,サルファ剤テトラサイクリンなどの投与。近年ではまれな疾患。
→関連項目クラミジア感染症届出伝染病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そけいリンパにくがしゅ【鼠径リンパ肉芽腫 lymphogranuloma inguinale】

以前には宮川小体と呼ばれていたが,現在ではクラミジア・トラコマチスChlamydiae trachomatisと呼ばれる病原体によって起こる性病で,第四性病,性病性リンパ肉芽腫とも呼ばれる。性交による感染後1~2週間で,男性では,外陰部に小さい隆起または小水疱ができるが気づかないことが多い。その後1~2週間で片側の鼠径リンパ節が痛みとともにはれ,化膿するとともに周囲に炎症が生じるために癒着をおこし,皮膚が破れて多くの孔から排膿する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鼠径リンパ肉芽腫の言及

【性行為感染症】より

…クラミディアに属するものには次の二つがある。以前は宮川小体といわれ現在クラミディア・トラコマチスChlamydia trachomatis L1‐L3といわれている病原体による鼠径リンパ肉芽腫は,鼠径リンパ節のはれと化膿を生じる性病で,第四性病ともよばれている。クラミディア・トラコマチスD‐Kに属する病原体による非淋菌性尿道炎は粘液性の膿が出るものである。…

【性病】より

…おもに性交によって人から人へ感染していく病気の総称で,梅毒淋病軟性下疳(なんせいげかん)および鼠径(そけい)リンパ肉芽腫(第四性病)が含まれる。俗に花柳(かりゆう)病などともいわれた。…

※「鼠径リンパ肉芽腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android