8月18日の政変(読み)はちがつじゅうはちにちのせいへん

防府市歴史用語集の解説

 1863年に会津[あいづ]薩摩さつま]藩によって、天皇権威を絶対だと考える一派尊王[そんのう])の公卿[くぎょう]や萩藩藩士が京都から追い出された事件です。追い出された公卿は萩藩へと流れてきます。この事件をきっかけに、尊王派は江戸幕府をたおす運動をはじめるようになっていきます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内の8月18日の政変の言及

【公武合体論】より

…しかしこれに対しては,公武合体論による雄藩勢力が反撃に出ることになった。尊王攘夷の急進分子を朝廷周辺から一掃したいわゆる文久3年8月18日の政変がそれである。名望を集める藩主をもつ雄藩は,朝廷と幕府の協力関係をとりもつことによって全国政治への参画を果たそうとし,すでに薩摩・土佐・越前などがそれぞれの周旋努力を重ねていた。…

※「8月18日の政変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android