コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CCV シーシーブイcontrol configured vehicle

5件 の用語解説(CCVの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CCV
シーシーブイ
control configured vehicle

戦闘機などの運動能力を高めたり,突風の影響を減らしたり,フラッタ振動の発生を抑えるために,主翼や操縦翼面を小さくしても安定性を維持できるよう,コンピュータによる能動的な制御を主体として設計された航空機

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐シー‐ブイ【CCV】[control-configured vehicle]

control-configured vehicle》制御本位航空機。設計の初期段階から飛行制御を考慮して開発することにより、機体の小型化・軽量化、操縦性の向上等を図った航空機をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シーシーブイ【CCV】

control configured vehicleの略。能動制御技術適用航空機と呼ばれることもある。従来の航空機では,操縦桿(かん)やペダルの動きは索や油圧によって舵面(だめん)に伝えられる。CCVは,コンピューターを介して操舵指令を電気信号の形で舵面に伝達することを前提として設計された航空機であり,従来実現が不可能であった運動性や経済性を実現しようとするものである。CCVは,(1)航空機の燃料節約の重要性が増したこと,(2)戦闘機の運動性能に対する要求がきわめて高度化してきたこと,などにより1950年代に研究が開始され,70年代より実用化が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CCV
しーしーぶい

control-configured vehicleの略で、航空機の発展方向の一つと考えられる飛行機。現在も機上に取り付けられているコンピュータや電気・油圧系統を多重装備することによって、たとえ一部に故障を生じてもシステムの機能を正常に保たせることができる。この特性を利用すると、飛行機固有の安定性や機体の強度を弱くしても、舵(かじ)を自動的に動かすことによってそれを補うことができ、機体を小型・軽量化して、生産・運航コストの節減や性能の向上を図ることができる。このような自動化された操縦装置をあらかじめ考慮に入れて設計された飛行機をCCVとよんでいる。
 すなわち、現在の普通の飛行機では固有の安定性を保たせるため、必要とするよりやや大きめの尾翼をもたせているが、CCVでは常時自動的に舵面を操作して姿勢を保たせるので、尾翼の面積を最小限の大きさに抑えることができ、空気抵抗や重量を節減できる。また、舵面をコンピュータ操作させることで、従来とまったく異なった運動性をもたせることができる。たとえば、飛行機の姿勢を一定に保ったまま飛行コースを変えたり、逆に機首方向をある角度に保ったまま一定のコースを維持して飛行したり、あるいは飛行コースに沿って姿勢を変えながら飛行するなどの運動ができ、その結果着陸進入や戦闘行動が容易になる。現在はまだ実用化されてはいないが、この特徴は軍用機にとって大きな魅力であるため、世界各国でさかんに研究・開発が続けられている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CCVの関連情報