CGI(読み)シー ジー アイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CGI

Webサイトで、掲示板やアンケートのフォーム、アクセスカウンターのように、Webページの内容を動的に変化させたい場面で使われる仕組み。Webブラウザーからの要求により、Webサーバー上でPerlなどの言語で記述されたプログラムが動作し、その結果がHTTPを介してWebブラウザーに返されてWebページとして表示される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐ジー‐アイ【CGI】[common gateway interface]

common gateway interfaceブラウザーの要求に応じて、ウェブサーバーがプログラムや計算を実行するための仕組み。

シー‐ジー‐アイ【CGI】[computer generated imagery]

computer generated imageryコンピューターグラフィックスで生成した画像。また、その画像を実写映像などと組み合わせて用いることや、その技術。コンピュータージェネレーテッドイメジェリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホームページ制作用語集の解説

CGI

Common Gateway Interfaceの略。Webサーバが、Webブラウザの要求に応じて、プログラムを起動するための仕組み。デザインと違い、ホームページ制作の内部に書き込んでいる。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シージーアイ【CGI】

ウェブサーバー上で、ウェブブラウザーが要求するプログラムを実行するための仕組み。検索エンジンの検索結果や電子掲示板の表示などに利用される。JavaScriptFlashと違い、ウェブサーバーがプログラムを実行するため、利用者のパソコンやオペレーティングシステム、ウェブブラウザーの種類にかかわらず利用できる。◇「common gateway interface」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

CGI

〖Common Gateway Interface〗
ネットワークで、ブラウザーから要求されたプログラムをサーバー側で実行し、その実行結果を返す仕組み。ウェブサイトの来訪者数の表示や、データベースとの連携処理などに利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CGI
しーじーあい

ウェブサーバーが、ブラウザーからの命令で外部プログラムを使って処理を行うための仕組みの一つ。コモン・ゲートウェイ・インターフェースCommon Gateway Interfaceの略称である。
 ウェブサーバーの基本機能は文書表示などをするだけの静的なものであるが、そこに外部プログラムとの間で連携して処理を行うためのインターフェースであるCGIを組み込むことで、動的なページ(表示内容がその場で変化する)にすることができるようになる。情報の流れとしては、ユーザーのパソコンのブラウザーからウェブサーバーに命令が出される。それを受けたサーバーがHTMLに組み込まれたCGIによって、ゲートウェイ(ネットワークを中継する機器やソフトウェア)経由で外部プログラム(CGIプログラム)に処理を依頼する。その結果がHTMLとしてサーバーに出力され、ユーザーがそれをブラウザー上で確認できるようになる。CGIの使われる例としては、電子掲示板の読み書き、ウェブページ上でのアンケートへの回答、アクセスカウンターの累計、ブログシステムなどがあげられる。言語にはperl(パール)などがよく使われる。同様な働きをするものに、SSI(Server Side Include)やPHP(Hypertext Preprocessor)などのプログラム技術がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CGIの関連情報