コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COD(読み)しーおーでぃー/COD(英語表記)Chemical Oxygen Demand

デジタル大辞泉の解説

シー‐オー‐ディー【COD】[chemical oxygen demand]

chemical oxygen demand化学的酸素要求量

シー‐オー‐ディー【COD】[cash on delivery]

cash on deliverycollect on delivery》現品着払い。代金引換渡し。代引き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

COD

 化学的酸素要求量という.水の汚染度の指標で,酸化剤で水中の有機物を酸化したときの酸素の要求量.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

COD

〖cash on delivery〗

COD

〖chemical oxygen demand〗
水の汚れを表す指標の一。水中の有機物を酸化剤によって酸化するのに消費される酸素量。水 1l あたりのミリグラム数で表す。単位は ppm。大きい値ほど汚れがはなはだしいことを示す。化学的酸素要求量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

COD
しーおーでぃー

河川、産業廃水などの汚染の程度を示すもので、ppm単位で表される。化学的酸素要求量chemical oxygen demandの略称。水中の被酸化性物質(主として有機化合物)を強酸化剤で酸化するとき消費される酸化剤の量を酸素の量に換算したものである。日本工業規格(JIS(ジス))の水質試験法では100℃、30分間における過マンガン酸カリウムの消費量を酸素に換算したものをCODと定義している。このほかにも重クロム酸カリウムを酸化剤として用いることもある。第一鉄塩、亜硝酸塩、硫化物などが酸化を受ける。湖沼、海域等で利用目的に応じ、1~8ppmが上限と定められている。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CODの関連情報