コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

D型肝炎 ディーがたかんえんhepatitis D

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

D型肝炎
ディーがたかんえん
hepatitis D

D型肝炎ウイルスB型肝炎ウイルスに重複感染したときに発症する肝炎D型肝炎ウイルスの存在は,1977年,B型肝炎ウイルスの保有者の肝組織内にこのウイルスとは別の抗原が見つかったことから明らかになった。当初,この抗原はデルタ抗原と名づけられたが,その後の研究で球状ウイルスであることが判明した。増殖するにはB型肝炎ウイルスの感染状態であることが必須で,B型肝炎の症状悪化の因子の一つである。抗体の検出率は地中海沿岸地方や中東,アマゾン流域などで高く,日本や台湾などは比較的低い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

D型肝炎
でぃーがたかんえん
hepatitis D

D型肝炎ウイルス(HDV:hepatitis D virus)に感染して発症する肝炎。HDVはB型肝炎ウイルス(HBV:hepatitis B virus)に感染している状態でのみ感染し、欠損ウイルス(不完全ウイルス)であるHDVに単独で感染することはない。すなわちHBVと同時にHDVに感染するか、HBVに感染している状態で重感染(重複感染)するかのいずれかである。経口感染することはなく血液や体液を介して感染する。同時感染の場合はB型とD型の複数の肝炎が急性に発症するため重症化する傾向が強く、肝臓壊死(えし)が急激に広範囲に広がり、肝不全を起こす劇症肝炎に陥る確率も高くなる。重感染の場合は、急性に発症したB型肝炎が慢性肝炎に移行し、慢性化したB型肝炎に急性のD型肝炎が加わり肝炎の急性増悪が多くみられ、D型肝炎もともに慢性化していく場合もある。いずれも肝硬変から肝癌(がん)へと重症化していく可能性があり注意が必要である。ほとんどはB型肝炎が治癒するとともにD型肝炎ウイルスの増殖もとまり治癒に向かう。HDV抗体陽性率は地域差があり、地中海地方や北欧、中東、アフリカ北東部で高く、日本ではまれである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

D型肝炎の関連キーワードサテライトウイルス非A非B(型)肝炎ウイルス肝炎D 型肝炎急性肝炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android