コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

E型肝炎ウイルス イーガタカンエンウイルス

デジタル大辞泉の解説

イーがたかんえん‐ウイルス【E型肝炎ウイルス】

E型肝炎の原因となる肝炎ウイルスRNAをゲノムとするRNAウイルス。水や食物を介して経口感染する。感染は一過性で慢性肝炎には移行しないが、重症化することがある。主な流行地は東南アジア、北部・中部アフリカ、インド、中央アメリカなど。日本や欧米などの非流行地域でも時折発生するが、これはブタ・イノシシ・シカなどの生肉が感染源と考えられている。HEV(hepatitis E virus)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

E型肝炎ウイルスの関連キーワード豚の生肉・生レバー提供禁止カンピロバクターE 型肝炎急性肝炎ジビエ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

E型肝炎ウイルスの関連情報