FOB(読み)えふおーびー

日本大百科全書(ニッポニカ)「FOB」の解説

FOB
えふおーびー

free on boardの略。貿易取引条件の一種で、わが国では「本船渡し」ともいう。売り主が船積港で買い手の指定する本船に契約品を船積みすることにより、売り主としての義務を免れる(free)ことで、この旨の約款をFOB約款FOB termsという。売り主は買い手の手配した船舶に契約に定められた期間内に約定品を積み込む義務を有し、積込みまでのいっさいの危険、費用を負担する。買い主は船積期間内に船積港に船舶を回航させる義務があり、積込み後(物品の引渡しを受けたのち)の危険、費用は買い手の負担となる。代金は船荷証券と引き換えに支払われるのが普通で、輸入貿易に多く用いられる。以上のように、船積港(輸出港)における本船への約定品引渡し(FOB delivery)を条件に、本船渡し値段(FOB price)を採算、算定して、それに基づいて売買契約を結ぶ慣例をFOB慣習またはFOB契約という。

 なお、このような国際的な慣用としてのFOB(本船渡し)に対して、アメリカでは、FOBを船舶への積込みだけでなく、その他の運送機関への積込みの意味も含めて用いているので、「本船渡し」の条件を示すにはFOB Vessel (Steamer)と表示する。

[鳥谷剛三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「FOB」の解説

FOB
エフオービー
free on board

本船渡し。貿易上の取引条件の一つで,商品の受渡しが輸出港の商品を積んだ船上で行われ,売手が約束の商品を船舶に積込み,本船上で引渡すまでに生じる費用と危険とを一切負担するもの。CIFとは異なり,到着港までの海上運賃,保険を負担する責任はない。 FOB価格とは本船積込値段または輸出港本船積込渡値段ともいい,商品を輸出港で買手に渡すときの値段であり,一般に FOB Yokohamaなどと輸出港を付記する。なお輸出通関額は FOB価格で集計する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「FOB」の解説

FOB【エフオービー】

本船渡しの意。free on boardの略。外国貿易上の取引条件の一つで,貨物を輸出港停泊本船に積み込むまでの一切の費用と危険を売手が負担する条件のこと。配船,海上保険契約等は買手の責任となり,約定品の所有権も輸出港での積込完了時に買手に移る。FOB価格とは,この条件による貿易商品の本船渡値段をいう。→CIF

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「FOB」の解説

エフ‐オー‐ビー【FOB】

〘名〙 (free on board の略) 外国貿易における取引条件の一つ。売り主が、船積み港における買い主指定の船舶の甲板上で物品の引き渡しを果たすまでのいっさいの費用と責任を負うもの。本船渡し。甲板渡し。船渡し。→エフエーエス(FAS)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「FOB」の解説

エフ‐オー‐ビー【FOB】[free on board]

free on board》本船渡し。貿易取引条件の一。船積み港において、買い主の指定した本船甲板上に貨物を積み込むまでの価格で取引するもの。以後の所有権・費用・危険は売り主から買い主に移転する。甲板(こうはん)渡し。→CIF

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android