HDR(読み)えいちでぃーあーる

  • hard disk recording
  • high dynamic range
  • エッチディーアール

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

米Qualcomm社が開発した、CDMA方式の携帯電話「cdmaOne」「cdma2000」向けのデータ通信高速化技術。cdmaOne、cdma2000 1xで使われる1.25MHzの帯域幅で最大2.4Mbpsのパケット通信が可能となる。Cdma2000 1xでこの技術を採用したものがcdma 2000 1xEVである。なお、cdma 2000 1xの3倍の帯域幅を持つcdma2000 3x向けには、3~5Mbpsの通信速度を提供する3xHDRが開発されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

hard disk recording》⇒ハードディスクレコーディング
high dynamic range
デジタルカメラなどで、異なる露出で連続撮影した画像を合成し、見かけ上のダイナミックレンジを拡大する機能。明暗差がある場面においても、白飛び黒潰れが起こりにくい。ハイダイナミックレンジ
テレビ放送、映像機器、動画配信サービスなどで採用される高画質化のための規格の総称。具体的には4K8K相当の解像度で、従来の標準画質(SDR)より広い色空間とダイナミックレンジをもつものを指す。HLGドルビービジョンHDR10などの規格が知られる。ハイダイナミックレンジ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ハイダイナミックレンジのことで、英語の High Dynamic Range の頭文字から作られた略語。 ダイナミックレンジ が回路で処理可能な信号の最大値と最小値の比であることは本辞典にある。写真で言えば、 階調 を識別できる最大値と最小値の比率だ。デジタルカメラのダイナミックレンジが人間の目の持っている能力より狭いこと、とくにハイライト部で劣っていることは知られている。山写真を例に撮ると、山の日陰の部分の露出は適正でも、空の雲の階調が損なわれて、いわゆる “白とび” を起こしている写真などがそれだ。写真としてそれが良い悪いは別として、ハイダイナミックレンジとは、こうしたデジタルカメラの白とび、あるいは黒つぶれを排除したものを言う。  そのための方法としては、複数枚の露出の異なる画像を Photoshop に代表される高機能な画像編集ソフトウェアで合成する技法などが挙げられる。極端だが、アンダーめの露出の写真のハイライト部と、オーバーめの露出の写真のシャドー部とを合わせれば、白とびも黒つぶれもない写真が作り出せるというわけだ。  最近では、一枚のRAW画像をもとに、自動的に露出の異なる画像を複数枚現像したのちにそれらを合成して、どこを見ても露出に破たんのない画像を合成してくれる専用ソフトウェアまでおめみえしている。ただ、HDR 効果をかけすぎると、メリハリのない写真になってしまうこともある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

HDRの関連情報