IPO(読み)あいぴーおー

  • IPO Initial Public Offering
  • initial public offering
  • inter decadal pacific oscillation
  • イニシャル・パブリック・オファリング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ある企業が資金調達のために、オーナーやその家族といった特定の株主が保有し、流通していない状態の株式を、不特定多数の投資家に発行株式を公開すること。取引所の公開条件が厳しいため、ジャスダックや東証マザーズ、ナスダックジャパンといった新興市場における、IT関連企業を中心としたベンチャー企業の株式公開が急増している。公開により、多様な資金調達が可能となるうえ、知名度の向上等、メリットも多いが、公開企業の破綻も目立っている。上場基準の見直しや監督体制の再構築を求める声も多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

株式公開用語辞典の解説

株式会社において、オーナーやその家族など少数の特定株主のみが株式を保有して株式の自由な流通ができない状態(未公開・未上場/譲渡制限会社とも言う)から、不特定多数の投資家が参加する市場で株式の売買が行われるように、株式市場に新たに株式を供給することを意味します。以前からの株主に保有されている株式を市場に放出する「売出し」と、新たに株券を発行して市場から新規に資金を調達する「公募」の2つの資金調達方法があり、通常の新規公開においてはこの両方が同時に行われることが多いようです。 不特定多数の投資家から資金を募る以上、新規公開された会社は証券取引法などの法令によって企業の業績などの定期的なディスクロージャー義務付けられる一方で、成長に必要な資金の調達、企業の知名度の向上による人材の採用などメリットも多く、近年、新興市場を中心として株式の新規公開を目指す会社が急増しています。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

知恵蔵miniの解説

証券取引所に上場する企業の未公開株を売買可能にすること。新規株式公開。投資家は上場予定企業が新規に発行した株を買う権利を、公正な抽選により上場前に得ることができる。その株のことを新規公開株あるいはIPO株といい、ローリスク・ハイリターンな投資先として注目されている。2015年3月31日、日本取引所グループは、上場後数か月で営業利益を下方修正するなど不適切な事案が相次いでいることを踏まえ、IPO案件に対する見解と対応策を発表した。

(2015-4-02)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

知恵蔵の解説

株式公開」のページをご覧ください。

子会社上場」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IPOの関連情報