コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IUD アイユーディー IUD

翻訳|IUD

6件 の用語解説(IUDの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイ‐ユー‐ディー【IUD】[intrauterine device]

intrauterine device》⇒子宮内避妊具

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

IUD【アイユーディー】

子宮内避妊器具で,intrauterine contraceptive deviceの略。子宮内に入れて受精卵の着床を妨げ妊娠を防ぐ。日本では1930年代に太田典礼リング状のものを開発したものが主に用いられてきたので避妊リングとも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アイユーディー【IUD】

子宮内避妊器具で,intrauterine contraceptive deviceの略。子宮の中に入れて,受精卵の着床を妨げ妊娠を防ぐ避妊器具。1930年代に日本の太田典礼とドイツのグレーフェンベルクE.Gräfenbergが考案した。材料として,てぐす,金属,毛髪などが用いられたが,あまり普及しなかった。当時のものは輪状だったので避妊リングと呼ばれた。60年代になって,主としてアメリカを中心に広く研究され,ポリエチレンポリプロピレンポリ酢酸ビニルなどを材料とするものが実用化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

IUD

〖intrauterine device〗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IUD
アイユーディー

子宮内避妊器具」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IUD
あいゆーでぃー

子宮内器具(intrauterine device)の略称で、子宮腔(くう)内に異物を装着し受精卵の着床を阻止する避妊法の一種。子宮内避妊器具(IUCD)ともいうが、1966年にWHOでIUDの名称が採択された。1930年ごろから使われはじめ、形状にはリング、ループ、プレート、ウィング、スパイラル、T字、L字など多種類があり、材質は高分子の重合体であるナイロン、ビニル樹脂、ポリエチレンなどが多い。日本では1932年(昭和7)太田武夫(典礼)が初めてリングの臨床報告をしたが、正式に認可されたのは1974年(昭和49)である。現在は太田リング、優生リング、FD‐1の3種が認可されている。医師が挿入する。生殖器の炎症や悪性腫瘍(しゅよう)、過多月経や機能性子宮出血などの月経異常がないことを確かめたのちに、実施時期は、妊娠子宮に挿入しないように月経後を選ぶ。子宮筋腫がある場合には避けるのが賢明である。IUDは性感を損なわず、手間がかからない長所をもつが、装着中の副作用として不正出血、帯下(たいげ)(こしけ、おりもの)の増加、過多月経、月経痛、下腹痛などが強い場合には、抜去する必要がある。まれに自然脱出がある。避妊効果はIUDと子宮内膜との接触面が広いほど高く、接触部位に生ずる局所変化が受精卵の着床を阻害するといわれる。妊娠率は年間100組の夫婦のうち、3~5例である。装着期間に一定の制限は設けられていないが、材質の変性を考慮して2年間以内の交換が原則である。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のIUDの言及

【避妊】より

…図のように,コンドームペッサリー殺精子剤,オギノ式(荻野説)などの伝統的方法は失敗率が高く,効果が近代的方法に比して劣る。伝統的方法はすべて性交のつど実行せねばならないためムードを阻害しやすく,使用法も面倒なものが多く,練習,学習,月経や体温の記録,計算などを必要とするのに対して,近代的方法のピルは1日に1度錠剤を飲むだけ,IUDは医師に一度挿入を受けるだけであるから,簡単で理論的にも避妊効果が高く,性交のたびに準備しなくともよいという特徴をもつ。
[避妊の現状]
 先進国では主として母子保健の立場から,一方,発展途上国では主として人口抑制を目的として,避妊法の普及が熱心に行われている。…

【避妊】より

…図のように,コンドームペッサリー殺精子剤,オギノ式(荻野説)などの伝統的方法は失敗率が高く,効果が近代的方法に比して劣る。伝統的方法はすべて性交のつど実行せねばならないためムードを阻害しやすく,使用法も面倒なものが多く,練習,学習,月経や体温の記録,計算などを必要とするのに対して,近代的方法のピルは1日に1度錠剤を飲むだけ,IUDは医師に一度挿入を受けるだけであるから,簡単で理論的にも避妊効果が高く,性交のたびに準備しなくともよいという特徴をもつ。
[避妊の現状]
 先進国では主として母子保健の立場から,一方,発展途上国では主として人口抑制を目的として,避妊法の普及が熱心に行われている。…

※「IUD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

IUDの関連キーワード子宮内避妊器具避妊具IUCD子宮内膜レボノルゲストレル子宮内避妊具子宮内栄養不良子宮内成長遅延子宮内膜異常子宮内膜がん

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IUDの関連情報