コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NIES えぬあいいーえす/NIES/にーず Newly Industrializing Economies

翻訳|Newly Industrializing Economies

6件 の用語解説(NIESの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

NIES

新興工業経済地域」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニーズ【NIES】[newly industrializing economies]

newly industrializing economies》新興工業経済地域。輸出産業を軸として急速に工業化を遂げ、高い経済成長率を達成している諸国・地域。韓国・台湾・シンガポール・ギリシャメキシコなど。1988年のサミットからの呼称。
[補説]1970年代になって急速に工業化をとげた、スペイン・ポルトガル・ギリシャ・旧ユーゴスラビア・ブラジル・メキシコ・香港・韓国・台湾・シンガポールの10か国・地域をNICS(ニックス)と呼んだ。OECD(経済協力開発機構)が1979年に発表した報告書で命名。1988年、さらに中国・マレーシア・タイの3国を加えてNIES(新興工業経済地域)と呼ぶようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

NIEs【ニーズ】

Newly Industrializing Economiesの略で,新興工業経済地域。工業化によって急速な経済発展を遂げた国や地域をいう。シンガポール,香港,台湾,韓国などのアジアNIEsは1980年代に爆発的な成長を遂げた。
→関連項目開発経済学価格破壊華人経済圏雁行形態論環太平洋経済圏構想台湾発展途上国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニーズ【NIEs】

新興工業経済群Newly Industrializing Economiesの略。1970年代の石油危機後の世界的な経済の低成長の中にあって,急速な経済成長を続ける発展途上国を指してOECD(経済協力開発機構)が新興工業国Newly Industrializing Countries(NICs。ニクス)と名付けた。アジアNICs(韓国,台湾,香港,シンガポール),ラテン・アメリカNICs(メキシコ,ブラジル),ヨーロッパNICs(ギリシアポルトガルスペインユーゴスラビア)の10ヵ国・地域が挙げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NIES
ニーズ

新興工業経済地域」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NIES
にーず

新興工業経済地域newly industrializing economiesの略称。1960年代ころから急速な工業化によって経済発展を遂げつつある国や地域をいう。シンガポール、香港(ホンコン)、台湾、韓国(大韓民国)、メキシコ、ブラジルなどをさす。当初はNICS(ニックス)(新興工業国)とよばれていた。このうち、メキシコ、ブラジルなど中南米の国は、豊富な天然資源と国内市場をバックに、輸入代替工業化を推進したものの、輸出はかなりの部分を一次産品に依存し、1980年代に入って経済成長が鈍化した。これに対して韓国や台湾などのアジアNIESは、天然資源が乏しく国内市場が狭いというハンディを克服し、質が高く豊富な労働力を背景に輸出指向的工業化を推し進め、1980年代にかけて高い経済成長を達成した。
 アジアNIESの輸出は、1960年代から70年代前半にかけての、衣類、雑貨、繊維などの非耐久財や労働集約的中間財を中心にした輸出構造から、70年代後半から80年代にかけての、家電製品、鉄鋼、船舶、乗用車などの資本集約的中間財や耐久消費財を中心にした輸出へ構造変化を遂げながら拡大、各国の高度経済成長を支えた。1980年代に一時国際競争力に陰りが生じたこともあったが、90年代に入って輸出構造の高度化をさらに推進し、他方ではサービス産業への構造転換を強めて、経済成長を持続してきた。しかし、1997年のアジアの通貨危機によって経済混乱におちいり、98年は大幅なマイナス成長となった。[志田 明]
 その後、経済混乱から立ち直ったが、2000年代に入るとNIESということばはあまり使われなくなり、人口、経済規模がより大きく、経済成長が著しいブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字をつなげたBRICsが注目されるようになった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NIESの関連キーワード石油危機新興工業経済地域石油備蓄債務危機オイルショック (oilshock:oilcrisis)石油危機(oil crisis)世界経済の不均衡(ゆがみ)パン・アメリカン航空[会社]第1次石油危機第2次石油危機

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NIESの関連情報