SAT*

留学用語集の解説

SAT*

Scholastic Aptitude Testの略で、アメリカの高校生を対象とした大学進学適性試験のこと。「エスエイティー」と発音します。英語、クリティカルリーディング、ライティングの3つのセクションから成り、それぞれ200~800点の間でスコアが出されます。留学生のための試験ではないので、クリティカルリーディングとライティングの2つのセクションはすなわち国語になり、留学生には難問ばかり。ごく普通の日本の高校生にはとても太刀打ちできません。よって、留学生にはあえてSAT*の受験を課さない大学も多く、また、SAT*を受けるよう求める大学でも、英語力についてはTOEFL(R)のスコアで判断するところのほうが多くあります。なお、アメリカ人でも、受験者の人種や家族収入によってスコアの平均が著しく異なることから、SAT*の妥当性そのものが問われはじめ、SAT*のスコアを考慮しないのをよしとする大学も出てきました。

* SAT is a registered trademark of the College Board, which was not involved in the production of, and does not endorse, this product.

出典 栄陽子留学研究所留学用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android