コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

USBメモリー ゆーえすびーめもりーUSB memory

知恵蔵の解説

USBメモリー

メモリーカードと同様のフラッシュメモリーを内蔵したデータ記録装置でUSB端子と一体になっているものの総称。「USBフラッシュメモリー」とも。パソコンのUSB端子に差し込むだけで利用できるため、データの受け渡しや一時的なデータのバックアップなどに利用される。小型化と低価格化が進んでおり、小指サイズで8GB(ギガバイト)もの容量を持つものも5000円を切る価格で購入できるようになっている。容量以外では、データの転送速度、保存データの暗号化指紋認証と組み合わせたセキュリティー機能などの付加価値を高めた製品が作られている。また、キャラクターをあしらったものやデザインを工夫した製品も多い。

(斎藤幾郎 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

USBメモリー

USB端子に差して使うフラッシュメモリーで、「USBフラッシュ」「USBフラッシュメモリー」などともいいます。外付けドライブとして使います。メモリーカードと違い専用の読み取り装置を必要とせず、データの書き込みに特別なソフトもいらないため、他のパソコンにデータを渡すのに便利です。
⇨フラッシュメモリー、メモリーカード

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

USBメモリー

USBフラッシュメモリー」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ユーエスビーメモリー【USBメモリー】

「USBフラッシュメモリー」の略。⇒USBフラッシュメモリー

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

USBメモリー
ゆーえすびーめもりー

USB接続を可能にするインターフェースをもった外部メモリーのこと。USBフラッシュメモリーともいう。USBは周辺機器をパソコンなどに接続する規格の一つである。パソコンなどの電子機器に備えられたUSBスロットに差して使う。基本的に接続するだけで認識され、データの書き換えも自由にできる。小型で持ち運びができ、使用にフロッピーディスクやMO、CD-ROMなどのように専用の装置を必要としないため利便性が高い。記憶容量は数MBから100GBを超えるものまであり、コストが下がってきたこともあり、データの受け渡しで広く使われている。一部の市販アプリケーションでは、CD-ROMやDVD-ROMではなく、USBメモリでデータを提供しているものもある。
 また、Vista以降のWindows OSでは、ReadyBoost(レディーブースト)という機能によりUSBメモリーを外部記憶装置ではなくキャッシュメモリーとして使うことで、高速化を図ることもできるようになった。
 その他、市販のUSBメモリーには、ワンセグチューナーや動画再生機能、MP3プレーヤー、ボイスレコーダー、FMラジオ、SDカードスロット付きなど、多くの機能を付加した製品がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

USBメモリーの関連キーワードネオ・クラシック プレジデント マグネティズムdigital photo frameNAND型フラッシュメモリーVMware ThinAppスナップショット (仮想化)クローニング (仮想化)コンピュータ・ウイルスパソコン周辺機器市場ChromecastReadyBoostクラウドストレージフラッシュドライブOpera USBストレージサービスデジタル著作権管理Autorunパソコン用語集USBウイルスチキン型マウスUSBメモリー

USBメモリーの関連情報