コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VAN ばん

7件 の用語解説(VANの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VAN

付加価値通信網。通信回線プロトコル変換やデータ処理などの付加価値を付けて構築された情報通信網。第一種電気通信事業者第二種電気通信事業者サービスを販売する。パソコン通信VANの一種。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バン【VAN】[value-added network]

value-added networkコンピューターによる情報の蓄積・処理機能などの付加価値をつけ、高度な通信サービスを提供する通信網。インターネットの普及により、現在はあまり用いられない。付加価値通信網

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

VAN【バン】

Value Added Networkの略。付加価値通信網と訳す。NTTなど自前の回線を持つ第一種事業者から回線を借りて,より高度な付加価値のついた通信処理を行う。
→関連項目インテック[株]新電電データ通信ニュー・メディア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

DBM用語辞典の解説

バン【VAN Value-Added Network】

バリュー・アディッド・ネットワーク(付加価値通信網)。回線業者から専用回線レンタルし、高度な機能を付加したサービスを提供する回線網で、主に商業用データの交信等に使われることが多い。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

バン【VAN】

一般の電話回線などの既存の通信回線を利用したデータ通信サービス。単なる通信だけではなく、コンピューターによる高度な情報処理やデータの蓄積といった付加価値を施したサービスとして、日本においては1980年代後半に普及。インターネットの普及に伴い、あまり使われなくなった。◇「value-added network(付加価値通信網)」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

VAN
バン

付加価値通信網」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

VAN
ばん

Value Added Networkの略。付加価値通信網ともいう。東日本電信電話(NTT東日本)、西日本電信電話(NTT西日本)などの電気通信事業者から回線を借り、高度な通信処理機能など付加価値をつけて第三者に再販売するネットワーク。もともとは異機種を含む多種多様なコンピュータを効率よく接続するという考えから生まれたネットワーク概念である。付加価値ということばが使われているが、基本となるのは通信処理と回線の効率化である。通信処理はプロトコル(通信手順)変換、コード(データを表す記号)変換、フォーマット(データの並び順)変換、速度(データの流れの速さ)変換、メディア(文字・画面など)変換である。効率化は、回線を多重化したり、データを小分けして伝送するパケット交換によったりして回線の使用効率を高め、通信コストを下げるという機能である。そのほか、最近は情報処理、情報提供などを行うシステムなども登場し、VANの概念が非常に広くなってきている。
 VANの発祥地は1970年代初めのアメリカである。アメリカでは通信と情報処理を分けるという政策があって、通信事業者であるATT社がこのようなサービスを提供できなかったという背景もあってVANが生まれた。世界的に発展し始めたのは1980年代に入ってからで、日本でも1980年代にVAN構築の機運が高まり、1982年(昭和57)にまず中小企業向けVANが認可された。さらに1985年に通信の自由化が行われ、回線の再販売も自由になった。これ以降、VANは急速な勢いで伸びた。1987年には日米間の国際VANが自由化された。VAN事業は、回線を自ら保有している第1種電気通信事業者から回線を借りる第2種電気通信事業と位置づけられた。[速水澄男]
 2004年(平成16)の電気通信事業法改正により、第1種、第2種の区別がなくなったこと、またインターネットが主流になったことなどから、現在ではVANはあまり使われていない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のVANの言及

【通信】より

…この動きが現実のものとなれば,紀元2000年初頭のある時点で,現行のアナログ・テレビ受像機が,従来サービスに加え高品位テレビ・サービス,非放送系の(場合によってはインターネット的な双方向)情報サービス提供機能を持つディジタル・テレビにとって代わられることになり,白黒テレビからカラー・テレビへの移行以上の変化が予想される。 一方,電気通信サービスの分野では,1980年代中盤において一連の規制緩和政策がとられ,本電話機・端末開放により電話回線にさまざまな端末を接続することが可能になったこと,多くの付加価値通信網(VAN=Value‐Added Network)サービス事業者の登場により多彩なデータ通信が可能になったこと,静止画,動画,オーディオといった文字以外の情報を処理・表示する機能を装備したパソコンが比較的安価に供給される環境が整ったこと等によりコンピューター・コミュニケーションの利用分野が大きく拡大する。また,1993年に誕生したアメリカのクリントン政権が提唱した〈情報スーパーハイウェー〉構想は,次世代情報通信インフラとそこで展開するであろう多彩なアプリケーションへの関心を世界的規模において高めるうえで,大きな役割を果たした。…

※「VAN」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

VANの関連キーワードエレクトロニックバンキング公衆通信回線DDX回線交換有線通信リセール回線接続料公衆回線重信回線収容替え

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

VANの関連情報