コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows 3.1

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows 3.1

1992年にマイクロソフトが発表したパソコン用のOS。GUI環境に加えて、OLEやTrueTypeフォントの採用、擬似マルチタスクをサポートする。Windows 3.1の起動にはMS-DOSが必要だったことから、MS-DOSのGUI環境であるともいえる。1993年、日本でもWindows 3.1が発売されると広く普及した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows 3.1
うぃんどうずさんてんいち

1992年にマイクロソフト社から発売されたパソコン用オペレーティングシステム(OS)。GUIを備える。英語版のみであったWindows 3.0からの大規模アップグレードで、同時に日本語バージョンも発表された(1993)ため、日本で初めて普及したWindows OSとなった。TrueTypeフォント(ビットマップフォントを内包したアウトラインフォント)、OLE(Object Linking and Embedding、異なるアプリケーションソフト間でコピーアンドペーストなどの連携を可能にする機能)、マルチメディア(音声・動画)の再生機能、MS-IME(かな漢字変換機能)などの新機能を採用し、普及を始めていたMac OSをはじめとする、GUIを搭載した他のOSに対抗できる機能を備えていた。ただし、起動時にCD-ROMをはじめとする機器のデバイスドライバーや日本語を表示するためのフォント・ドライバーをMS-DOS上で読み込む必要があるなど、動作はコンベンショナル・メモリー(MS-DOSにおける利用可能なメモリー領域で640キロバイト)による制限を受けていた。
 当時、日本のPC市場はNECのPC-9801シリーズが独占的であった。対して、IBM互換機上で動き、日本語をサポートする3.1は、日本語環境をハードウェア込みで実装の9801と異なり、安価に開発、販売できた。これにより、日本におけるWindowsの普及が始まり、実質後継OSであるWindows 95のヒットの下地となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Windows 3.1の関連キーワードWindows for WorkgroupsVideo for WindowsChicago (Windows)ノンプリエンプティブマルチタスクマルチメディアエクステンションsystem resourceBSD on Windowsプリエンプティブマルチタスクアイコニックインターフェイス行儀のよいアプリケーションアプリケーション間連携機能32ビットディスクアクセスワークグループネットワークプログラムマネージャーユニバーサルドライバーファイルマネージャーWindows 98常設スワップファイルロングファイルネームWindows XP

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android