コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows 3.1

2件 の用語解説(Windows 3.1の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows 3.1

1992年にマイクロソフトが発表したパソコン用のOS。GUI環境に加えて、OLETrueTypeフォントの採用、擬似マルチタスクサポートする。Windows 3.1の起動にはMS-DOSが必要だったことから、MS-DOSのGUI環境であるともいえる。1993年、日本でもWindows 3.1が発売されると広く普及した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows 3.1
うぃんどうずさんてんいち

1992年にマイクロソフト社から発売されたパソコン用オペレーティングシステム(OS)。GUIを備える。英語版のみであったWindows 3.0からの大規模アップグレードで、同時に日本語バージョンも発表された(1993)ため、日本で初めて普及したWindows OSとなった。TrueTypeフォントビットマップフォントを内包したアウトラインフォント)、OLE(Object Linking and Embedding、異なるアプリケーションソフト間でコピーアンドペーストなどの連携を可能にする機能)、マルチメディア(音声・動画)の再生機能、MS-IMEかな漢字変換機能)などの新機能を採用し、普及を始めていたMac OSをはじめとする、GUIを搭載した他のOSに対抗できる機能を備えていた。ただし、起動時にCD-ROMをはじめとする機器のデバイスドライバーや日本語を表示するためのフォント・ドライバーをMS-DOS上で読み込む必要があるなど、動作はコンベンショナル・メモリーMS-DOSにおける利用可能なメモリー領域で640キロバイト)による制限を受けていた。
 当時、日本のPC市場はNECのPC-9801シリーズが独占的であった。対して、IBM互換機上で動き、日本語をサポートする3.1は、日本語環境をハードウェア込みで実装の9801と異なり、安価に開発、販売できた。これにより、日本におけるWindowsの普及が始まり、実質後継OSであるWindows 95のヒットの下地となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Windows 3.1の関連キーワードマイクロソフトアクセスマイクロソフトエクセルマイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスプロジェクトマイクロソフトオフィスワードマイクロソフトワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone