コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

g ジー

6件 の用語解説(gの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

g
ジー

発射時のロケットなどに加わる大きい加速度を表す慣用単位で,宇宙医学宇宙工学で用いられる。地上での重力加速度 g≒9.8m/s2を単位として,その倍数で加わる加速度を表す。たとえば,水泳の高飛び込みの際に加わる加速度は 1g,人体が耐えられる加速度の限度は 5~6g,またジェット戦闘機は 10g 程度,ミサイルは 60g 程度の加速度に耐える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

G


グループ
G

グループメンバー
長谷川 真彦

ブログタイトル
☆ MASAHIKO ☆

ブログURL
http://ameblo.jp/g-official/

職種
音楽

プロフィール
神奈川県出身。「G」のヴォーカルを務める、ミュージシャンとして活躍。都内ライブハウスイベントを中心に精力的に活動。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

G

アメリカ・イギリス・ドイツの音名の一(ドイツ語読みはゲー)。ハ調長音階の第 5 音「ソ」、日本音名の「ト」。
ドイツ Gauss〗 磁束密度の電磁単位ガウスを表す記号。
〖giga〗 ギガ。単位に冠する接頭語で 109倍を示す。
〖green〗 色相で、緑を表す記号。
〖gravity〗 → g

g

フランス gramme〗
メートル法の質量の単位グラムを表す記号。

g

〖gravity〗
地球上の重力加速度を示す記号。1g は 9.8m/s2

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

G
じー

英語アルファベットの第7字。セム文字のジメルおよびギリシア文字ガンマΓを起源としているが、エトルリア語に取り入れられて、g音とk音を表す文字Cとして用いられていた。しかしラテン語では両者の区別が必要となったため、Cの下の曲線部分に短い線が加えられ、Gがつくられた。小文字gは、アンシャル体および草書体によるGの変形である。音楽ではト音、ドレミ唱法のソを表し、ハ長調の第5音を示す。GはGrandの省略形として、アメリカの俗語では1000ドルを意味し、物理では重力の定数、航空力学では重力の加速度を表す。またgは単位としてグラムゲージ、文法用語で性あるいは属格などを表すほか、中世ローマ数字では400を示した。[斎藤公一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

gの関連キーワード多段ロケットカウントダウンロケット弾発射機宇宙ロケット多段式ロケット発射ロケットモーターロケット方程式補助ロケットロケット発射場

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

gの関連情報