コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『奥の細道』 オクノホソミチ

2件 の用語解説(『奥の細道』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『奥の細道』

松尾芭蕉
月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらへて老をむかふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。\(一六九四頃)

『奥の細道』

松尾芭蕉作。元禄一五(一七〇二)年刊。江戸深川から関東、奥羽、北陸を巡って美濃の大垣に至るまでの俳諧紀行文。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『奥の細道』の関連キーワード津田嗒山翁忌過客桃青忌百代芭蕉忌行きかつ行き帰る枳風

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『奥の細道』の関連情報