コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『奥の細道』 オクノホソミチ

とっさの日本語便利帳の解説

『奥の細道』

松尾芭蕉
月日は百代過客にして、行きかふ年も又旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらへて老をむかふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。\(一六九四頃)

『奥の細道』

松尾芭蕉作。元禄一五(一七〇二)年刊。江戸深川から関東、奥羽、北陸を巡って美濃大垣に至るまでの俳諧紀行文。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『奥の細道』の関連キーワード住み替わる・住替わる岐阜県大垣市馬場町山彦河良(6世)チドリマスオガイ土芳(とほう)奥の細道評論土降る・霾る矢立ての初め老いさらぼふ羽を交わす佳名・嘉名芻蕘・蒭蕘蘆角・芦角九仞・九仭紀行文学踏み違ふ降り残す松尾芭蕉敦賀半島奥浄瑠璃

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『奥の細道』の関連情報