コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『奥の細道』 オクノホソミチ

とっさの日本語便利帳の解説

『奥の細道』

松尾芭蕉
月日は百代過客にして、行きかふ年も又旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらへて老をむかふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。\(一六九四頃)

『奥の細道』

松尾芭蕉作。元禄一五(一七〇二)年刊。江戸深川から関東、奥羽、北陸を巡って美濃大垣に至るまでの俳諧紀行文。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『奥の細道』の関連キーワード住み替わる・住替わる河合曽良・河合曾良岐阜県大垣市馬場町チドリマスオガイ山彦河良(6世)奥の細道評論土降る・霾る老いさらぼふ矢立ての初め九仞・九仭佳名・嘉名羽を交わす蘆角・芦角芻蕘・蒭蕘奥浄瑠璃松尾芭蕉飯坂温泉栗本玉屑踏み違ふ降り残す

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android