コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あにいもうと あにいもうと

5件 の用語解説(あにいもうとの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あにいもうと
あにいもうと

室生犀星 (むろうさいせい) の短編小説。 1934年発表。多摩川で川師を業とする野性的,本能的な一家を舞台に,伊之助ともんの兄妹の葛藤を通して,乱暴だが本物の肉親の愛情を描く。犀星の作風の転機となった記念碑的作品である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

あにいもうと

1953年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:室生犀星による同名小説、脚色:水木洋子、撮影:峰重義。出演:京マチ子久我美子、森雅之、山本礼三郎浦辺粂子船越英二、堀雄二ほか。

あにいもうと

1976年公開の日本映画。監督:今井正、原作:室生犀星、脚本:水木洋子。出演:秋吉久美子草刈正雄池上季実子大滝秀治賀原夏子ほか。第19回ブルーリボン賞主演女優賞(秋吉久美子)、助演男優賞(大滝秀治)ほか受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あにいもうと

室生犀星の短編小説。1934年(昭和9)《文芸春秋》に発表。のちに《神々のへど》(1935)に収録。川師の赤座一家の粗野で素朴な愛を描く。赤座はたくましい人夫頭で,赤座の蛇籠(じやかご)は雪解け水にも流されないと知られている。娘もんは下谷の寺に奉公するうちに学生小畑の子をみごもり死産する。もんの留守に訪ねて来た小畑に,赤座は殴る気にもなれないが,腕のいい石職工でありながら自分も女のごたごたが絶えない兄の伊之が小畑を殴る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あにいもうと
あにいもうと

室生犀星(むろうさいせい)の短編小説。1934年(昭和9)7月『文芸春秋』に発表。1935年山本書店刊の『神々のへど』に収録。第1回文芸懇話会賞を受賞。多摩川の人夫頭赤座平右衛門一家の野性的な愛情を描いている。赤座はたくましい男で、赤座の蛇籠(じゃかご)というあだ名で知られている。勘定を取り仕切る妻りきは柔和な女で3人の子がある。長男の伊之(いの)は石職工の腕はあるが女のごたごたが絶えない。上の妹のもんは奉公先で学生の子をはらんで捨てられてからぐれだしている。もんの留守に学生の小畑が訪ねてくるが、赤座は怒る気にもなれない。しかし伊之が小畑を殴る。帰ってそれを知ったもんは伊之につかみかかりののしり合う。なお続編に『神々のへど』(改題『続あにいもうと』)がある。[鳥居邦朗]
『『あにいもうと』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あにいもうとの関連キーワード短編小説雁立鯨神山塔杳子ミミのことあんずよ燃えよ室生犀星記念館室生朝子室生とみ子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あにいもうとの関連情報