あられもない

精選版 日本国語大辞典「あられもない」の解説

あられ‐も‐な・い

〘形口〙 あられもな・し 〘形ク〙 (「あられぬ」の「ぬ」に代わり、助詞「も」、形容詞「ない」が付いて一語化したもの) あり得べくもない、とんでもないの意。
① あるはずもない。ありえない。予想もできない。とんでもない。
※箚録(1706)「其間用に立ざる雑念、あられも無こと様々心にのり」
② そうあってはならない。ふさわしくない。似合わしくない。特に、女性の態度やふるまいが、女性として適当でない場合などに多く用いる。
※評判記・難波鉦(1680)三「あられもないこと、たれがさういわんすぞ」
※浄瑠璃・平家女護島(1719)二「女の丸裸、〈略〉若布(わかめ)荒布(あらめ)あられもない裸身(はだかみ)に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あられもない」の解説

あられ‐も‐な・い

[形][文]あられもな・し[ク]《動詞「ある」の未然形に可能の助動詞「れる」が付いた「あられる」の名詞形「あられ」に、係助詞「も」、形容詞「ない」が付いてできた語。ありうべくもない、の意》
あるはずがない。考えられない。とんでもない。「―・い疑いをかけられる」
そうあってはならない。ふさわしくない。はしたない。特に、女性の態度や振る舞いについていう。「―・い寝姿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android