下等(読み)カトウ

デジタル大辞泉の解説

か‐とう【下等】

[名・形動]
物の品質・程度や、品性が劣っていること。また、そのさま。低級。「下等な品」⇔上等
同種のものの中で下位の段階にあること。また、そのさま。「下等な動物」⇔高等
[派生]かとうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かとう【下等】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
品質や品性が劣っている・こと(さま)。低級。 ⇔ 上等 「 -な品」 「 -な人間」 「 -な趣味」
構造が簡単で、進化の度合が低い・こと(さま)。 ⇔ 高等 「 -な動物」
[派生] -さ ( 名 )

げら【下等】

( 代 )
一人称。自分を卑下していう語。わたし。おれ。 「其名をあん太郎と申、則-が事なり/狂言・吃」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐とう【下等】

〘名〙
① 下の等級。下位。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「行厨の値約ね三等有り〈略〉下等の如きは則ち役夫、或は貧生の喰ふ所」 〔周礼‐秋官〕
② 料金の最も安い船室、車両。下等室。下等列車。明治時代に用いた。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一四「この処より乗り合ひの賃銭は上等中等を別にして下等の振り合ひ一人前途中の下り所によりて〈略〉差別あり」
③ (形動) 物などの状態、性質、品質が劣っていること。また、生物で進化の程度の低いこと。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉九「植物界分れて二段となる。〈略〉下等なるものは無花植物とす」
※武蔵野(1887)〈山田美妙〉中「燈火は下等の蜜蝋で作られた一里一寸の松明の小さいのだから」
④ (形動) 教養がなく品性の劣っているさま。
※随筆・文会雑記(1782)三「六十になりて、あのをかしき咄を、よきとせしこと下等のことなり」
⑤ 京都八瀬、大原で、男をいった語。
※随筆・見た京物語(1781)「八瀬大原は総じて男を下等といふ。みな総髪なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下等の関連情報