コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下等 カトウ

デジタル大辞泉の解説

か‐とう【下等】

[名・形動]
物の品質・程度や、品性が劣っていること。また、そのさま。低級。「下等な品」⇔上等
同種のものの中で下位の段階にあること。また、そのさま。「下等な動物」⇔高等
[派生]かとうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かとう【下等】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
品質や品性が劣っている・こと(さま)。低級。 ↔ 上等 「 -な品」 「 -な人間」 「 -な趣味」
構造が簡単で、進化の度合が低い・こと(さま)。 ↔ 高等 「 -な動物」
[派生] -さ ( 名 )

げら【下等】

( 代 )
一人称。自分を卑下していう語。わたし。おれ。 「其名をあん太郎と申、則-が事なり/狂言・吃」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下等の関連キーワードインフェリオリティーツーリストクラス鈍付く布子下魚・下肴微胞子虫目全紡縮緬一文菓子踏ん張り高等動物薩摩蝋燭寒帯植物乞食芝居上等小学宿場女郎直し酒羅漢台焙じ茶寄生虫青暖簾万歳扇

下等の関連情報