コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下品 ゲヒン

4件 の用語解説(下品の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げ‐ひん【下品】

[名・形動]
品格・品性が劣ること。卑しいこと。また、そのさま。「下品な人」「下品な言葉遣い」⇔上品
品質の劣った物。⇔上品
[派生]げひんさ[名]

げ‐ぼん【下品】

仏語。極楽浄土に生まれる人を、能力・資質の差によって上・中・下に3分した、その最下位。→九品(くほん)
下等。
「―の恋の句に一面滑稽味を帯びているのがある」〈寅彦・俳諧の本質的概論〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げひん【下品】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
言動などに卑しさが感じられる・こと(さま)。品ひんが悪いさま。 「 -な笑い」 「 -な話」
下等な・こと(もの)。品質の劣る・もの(こと)。
▽↔ 上品
[派生] -さ ( 名 )

げぼん【下品】

〘仏〙 極楽往生を九段階に分けた九品くぼんの下位の三段階。下品上生・下品中生・下品下生の三。
品質・価値などが最低であること。下等。 「 -の人には娶じ、上品の人に娶がむ/今昔 3

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下品の関連情報