コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅ましい アサマシイ

デジタル大辞泉の解説

あさまし・い【浅ましい】

[形][文]あさま・し[シク]《動詞「あさ(浅)む」の形容詞化》
品性が卑しい。さもしい。下劣だ。「―・い了見」「―・い根性」
見苦しく情けない。嘆かわしい。「―・い世の中」
身分や姿形が卑しい。みすぼらしい。「―・い姿」
予想と違った結果に驚きあきれる気持ちをいう。
㋐意外だ。あきれる。驚くべきさまだ。
「取りがたき物をかく―・しくもて来る事をねたく思ひ」〈竹取
㋑興ざめである。がっかりして、あきれかえる。
「物うちこぼしたる心地いと―・し」〈・九七〉
㋒あまりにもひどい。程度がはなはだしい。
「―・しく貧しき山国にて」〈読・春雨・海賊〉
(「あさましくなる」の形で)思いがけないことになる。死んでしまう。
「かひなくて、三月二十日、終にいと―・しくならせ給ひぬ」〈増鏡・春の別れ〉
[派生]あさましがる[動ラ五]あさましげ[形動]あさましさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさましい【浅ましい】

( 形 ) [文] シク あさま・し 〔驚きあきれる意の動詞「あさむ」の形容詞形〕
人間らしくないありさまで情けない。
(心・性質などが)いやしくて嘆かわしい。さもしい。 「人のものを盗むとは-・い根性だ」
(姿・外形などが)みじめで見るにたえない。見苦しい。 「落ちぶれて-・い姿となる」 「 - ・く瘁やつれたる面おもてを矚まもりて/金色夜叉 紅葉
事の意外に驚きあっけにとられるさまを表す。思いがけないことだ。驚くばかりだ。あきれかえるばかりだ。 「かく-・しき空ごとにてありければ/竹取」 「あげおとりやと疑はしく思されつるを、-・しううつくしげさ添ひ給へり/源氏 桐壺
(「あさましくなる」の形で)死ぬ。 「院の御悩み重くならせ給ひて、八月六日いと-・しうならせ給ひぬ/増鏡 藤衣
(連用形を副詞的に用いて)はなはだしく。ひどく。 「むく犬の-・しく老いさらぼひて/徒然 152」 〔 が原義で、本来はよい場合にも悪い場合にも用いたが、次第に悪い意で用いることが多くなった。中世以降見える「浅猿」という当て字は、この語が現代語と同様の、否定的な感情を表す用法に変化していたことを示している〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浅ましいの関連キーワード笑止千万けなるい

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅ましいの関連情報