コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卑しい/賤しい イヤシイ

デジタル大辞泉の解説

いやし・い【卑しい/×賤しい】

[形][文]いや・し[シク]
身分・社会的地位が低い。「―・い身」
品位に欠けている。下品だ。「―・い言葉遣い」「根性が―・い」
貧しい。みすぼらしい。「服装が―・い」
飲食物や金銭に対して貪欲である。さもしい。「口が―・い」「金に―・い」
つたない。とるに足りない。
「なにがし(=私)が―・しきいさめにて、すきたわめらむ女に心おかせ給へ」〈・帚木〉
[派生]いやしげ[形動]いやしさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

卑しい/賤しいの関連キーワード鳶も居ずまいから鷹に見える下種と鷹とに餌を飼え小人の過つや必ず文る小人窮すれば斯に濫す下種張る・下衆張る賤丈夫・賎丈夫下種の謗り食い下種の逆恨み下種の勘繰り下種下種し賤臣・賎臣貴賤・貴賎みちれない微賤・微賎卑語・鄙語賤職・賎職鄙婦・卑婦鄙夫・卑夫乞食根性下郎言葉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android