コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(キクユグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(キクユグラス)

暖地で発生が多い斑点性の糸状菌病。病斑は短い紡錘形で、灰白色、周縁部は褐色となることが多い。大きさは長さ2-5mm程度であるが、激発すると病斑が融合し、葉全体を枯らす。病原菌の種については、まだ十分検討されていない。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

いもち病(キクユグラス)の関連キーワードいもち病(リードカナリーグラス)コシヒカリとコシヒカリBLGMイネとディフェンシンいもち病(トウモロコシ)いもち病(シコクビエ)いもち病(ライグラス)いもち病(フェスク)メラニン生合成阻害剤リン脂質生合成阻害剤コシヒカリとBL米ブラストサイジンSいもち病(稲熱病)ケイ(珪)酸肥料コシヒカリBLプロベナゾールカスガマイシン農用抗生物質寛永の飢饉植物病理学ささにしき