コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(ギニアグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(ギニアグラス)

1997年に山口県で、2003年に沖縄県石垣島および西表島のギニアグラス草地で発生を確認した。病徴は,葉身葉鞘楕円形から紡錘形ないし不整形,大きさ2-5 x 1-2mm,周縁部は濃褐色,中心部は灰白色病斑を多数形成する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

いもち病(ギニアグラス)の関連キーワードいもち病(リードカナリーグラス)コシヒカリとコシヒカリBLGMイネとディフェンシンいもち病(トウモロコシ)いもち病(ライグラス)いもち病(シコクビエ)リン脂質生合成阻害剤いもち病(フェスク)メラニン生合成阻害剤コシヒカリとBL米ブラストサイジンSいもち病(稲熱病)ケイ(珪)酸肥料カスガマイシンプロベナゾールコシヒカリBL農用抗生物質寛永の飢饉植物病理学有機水銀剤