コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(トウモロコシ)

主に温室内の幼苗で発生する斑点性の糸状菌病。葉に紡錘形灰白色病斑を生じ、温室内ではまれに多発するが、圃場ではほとんど発生しない。病原菌はメヒシバいもち病菌とされるが、イネやシコクビエのいもち病菌も関与しているなど、生態はまだ良く分かっていない。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

いもち病(トウモロコシ)の関連キーワードコシヒカリとコシヒカリBLGMイネとディフェンシンいもち病(フェスク)メラニン生合成阻害剤リン脂質生合成阻害剤ブラストサイジンSいもち病(稲熱病)コシヒカリとBL米ケイ(珪)酸肥料プロベナゾールカスガマイシンコシヒカリBL農用抗生物質寛永の飢饉植物病理学有機水銀剤青天の霹靂坂本 正幸つぶぞろいこしひかり

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android