いもち病(フェスク)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(フェスク)

イネいもち病と同種で、温暖地で被害の大きい糸状菌病。病斑は初め褐色の小点だが、後に内部灰白色、周囲黒褐色で、紡錘形、長さ0.3-1cm、幅0.2-0.6cm程度になる。幼苗で発生すると特に被害が大きい。イネいもち病の初期感染源となる可能性がある。フェスクおよびライグラスのいもち病菌は、イネいもち病菌と同種であるとされる。しかし、寄生性は様々であり、牧草の菌がイネにつく場合とそうでない場合がある。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android