いもち病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

暖地で発生が多い斑点性の糸状菌病。病斑は短い紡錘形で、灰白色、周縁部は褐色となることが多い。大きさは長さ2-5mm程度であるが、激発すると病斑が融合し、葉全体を枯らして立枯症状を引き起こす。病原菌イネいもち病菌と同種であるが、寄生性については一部の菌がイネとライグラスの両方を侵すとされる。抵抗性品種が育成されている。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android