いもち病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(ライグラス)

暖地で発生が多い斑点性の糸状菌病。病斑は短い紡錘形で、灰白色、周縁部は褐色となることが多い。大きさは長さ2-5mm程度であるが、激発すると病斑が融合し、葉全体を枯らして立枯症状を引き起こす。病原菌はイネいもち病菌と同種であるが、寄生性については一部の菌がイネとライグラスの両方を侵すとされる。抵抗性品種が育成されている。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android