コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具志川 ぐしかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

具志川
ぐしかわ

沖縄県沖縄島中部東海岸にあるうるま市中部の旧市域。1968年市制。2005年石川市,勝連町,与那城町と合体し,うるま市となる。地名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名による。金武湾の南岸および一部は中城湾の北部湾奥に面し,内陸には石灰岩泥板岩(→頁岩)からなる台地や丘陵地が広がる。天願川の豊富な水を利用して繊維,食品,製紙などの工場が立地するとともに市街地化が進んでいる。中城湾に面した平地では,サトウキビ,野菜などを栽培。畜産も盛んで,特に養豚は県下有数の規模を誇る。中心市街地は安慶名で,国指定史跡安慶名城跡がある。

具志川
ぐしかわ

沖縄県,那覇市の西方約 100kmの海上に浮かぶ久米島の西部を占める地域。旧村名で,具志川は近世以来の間切 (まぎり。行政区画) 名による。 2002年4月東部の仲里村と合併,久米島町となる。仲里との境は最高峰の宇江城 (うえぐすく) 岳 (310m) に続く山地で,山麓に畑地や水田がある。産業はサトウキビ,キク,タバコ,野菜などの栽培,畜産が中心。上江州 (うえず) 家住宅 (国指定重要文化財) ,具志川城跡 (国指定史跡) ,五枝の松,大原貝塚など名所旧跡が多い。久米島県立自然公園に属する。久米島空港があり,那覇空港と結ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐしかわ〔ぐしかは〕【具志川】

沖縄島東海岸にあった市。金武(きん)湾に米軍施設の天願(てんがん)桟橋がある。平成17年(2005)4月に石川市、与那城(よなしろ)町、勝連(かつれん)町と合併してうるま市となる。→うるま

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

具志川の関連キーワード具志川城跡〈沖縄県糸満市〉伊是名村ふれあい民俗館沖縄県島尻郡久米島町沖縄県糸満市喜屋武具志川(旧市名)伊平屋伊是名諸島与那城(旧村名)具志川(旧村名)鳥島(沖縄県)沖縄県うるま市うるま[市]久米島(町)久米島[町]志喜屋 孝信具志川[市]うるま(市)児玉 清子国吉 シゲ知名 定繁兼城 賢松

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

具志川の関連情報