うるま(読み)ウルマ

デジタル大辞泉の解説

うるま

沖縄島中央部、金武(きん)湾南岸を占める市。勝連城(かつれんぐすく)跡安慶名(あげな)城跡・伊波(いは)貝塚などの遺跡や、平安座(へんざ)島に至る海中道路がある。平成17年(2005)3月に石川市具志川(ぐしかわ)市、与那城(よなしろ)町、勝連(かつれん)町が合併して成立。人口11.7万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるま

沖縄県、沖縄島中部の市。東は金武きん湾、南は中城なかぐすく湾に面する。サトウキビ・野菜・花卉かきなどを栽培。畜産も盛んで、闘牛が行われる。勝連城跡は世界遺産の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うるまの関連情報