コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うるま ウルマ

デジタル大辞泉の解説

うるま

沖縄島中央部、金武(きん)湾南岸を占める市。勝連城(かつれんぐすく)跡安慶名(あげな)城跡・伊波(いは)貝塚などの遺跡や、平安座(へんざ)島に至る海中道路がある。平成17年(2005)3月に石川市具志川(ぐしかわ)市、与那城(よなしろ)町、勝連(かつれん)町が合併して成立。人口11.7万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるま

沖縄県、沖縄島中部の市。東は金武きん湾、南は中城なかぐすく湾に面する。サトウキビ・野菜・花卉かきなどを栽培。畜産も盛んで、闘牛が行われる。勝連城跡は世界遺産の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

うるまの関連キーワード沖縄県うるま市与那城屋慶名沖縄県うるま市与那城安勢理沖縄県うるま市石川東山本町沖縄県うるま市与那城上原沖縄県うるま市石川東恩納沖縄県うるま市与那城池味沖縄県うるま市与那城照間沖縄県うるま市与那城中央沖縄県うるま市勝連平安名沖縄県うるま市与那城平宮沖縄県うるま市与那城饒辺沖縄県うるま市勝連平敷屋沖縄県うるま市与那城桃原沖縄県うるま市与那城西原沖縄県うるま市石川赤崎沖縄県うるま市石川東山沖縄県うるま市みどり町沖縄県うるま市石川石崎沖縄県うるま市石川山城沖縄県うるま市勝連内間

うるまの関連情報