おおぐま(大熊)座(読み)おおぐまざ

百科事典マイペディア「おおぐま(大熊)座」の解説

おおぐま(大熊)座【おおぐまざ】

北天に一年中見える星座。夕方南中するのは初夏北斗七星をもつ有名な星座で,αズーベ,βメラクの2星を結んで延長すると北極星にあたる。ギリシア神話ヘラ嫉妬(しっと)のためクマに変えられたゼウスの愛人カリストを象徴

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android