コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおぐま(大熊)座 おおぐまざ

百科事典マイペディアの解説

おおぐま(大熊)座【おおぐまざ】

北天に一年中見える星座。夕方南中するのは初夏。北斗七星をもつ有名な星座で,αズーベ,βメラクの2星を結んで延長すると北極星にあたる。ギリシア神話でヘラの嫉妬(しっと)のためクマに変えられたゼウスの愛人カリストを象徴。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

おおぐま(大熊)座の関連キーワード北天

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android