コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおぐま(大熊)座 おおぐまざ

1件 の用語解説(おおぐま(大熊)座の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

おおぐま(大熊)座【おおぐまざ】

北天に一年中見える星座。夕方南中するのは初夏。北斗七星をもつ有名な星座で,αズーベ,βメラクの2星を結んで延長すると北極星にあたる。ギリシア神話でヘラの嫉妬(しっと)のためクマに変えられたゼウスの愛人カリストを象徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

おおぐま(大熊)座の関連キーワード北斗七星海豚座大熊座髪座麒麟座小犬座小馬座小狐座小熊座山猫座

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone