コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おたまじゃくし おたまじゃくしtadpole

翻訳|tadpole

1件 の用語解説(おたまじゃくしの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おたまじゃくし
おたまじゃくし
tadpole

カエル類の幼生の通称。外形が水中生活に適するよう杓子形をしていることからその名がついた。受精卵から胚期を経て寒天質様の卵塊から孵化し,尾が伸びてカエル特有のおたまじゃくしとなる。孵化後,口が開き,食物をとり,活発に運動するようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おたまじゃくしの関連情報