コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おてもやん オテモヤン

デジタル大辞泉の解説

おてもやん

熊本県の民謡。熊本弁の歌詞が評判となって全国的に歌われる座敷歌。熊本甚句(じんく)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

おてもやん

熊本県の代表的民謡。方言や囃子詞(はやしことば)を効果的にとり入れた陽気でユーモラスな歌で,1935年レコード化されて,流行。幕末に《熊本甚句》としてできたという説があり,もともと酒宴などで歌われた。
→関連項目甚句

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おてもやん

ユーモラスでとぼけた方言まじりの歌詞で有名な熊本の民謡。1935年赤坂小梅がコロムビアレコードに吹き込んで以来,広く流行して全国的な人気民謡となり,とくに花柳界でお座敷歌としてうたわれた。各地の花柳界でうたわれていた騒ぎ歌《本調子甚句》が熊本に入って《熊本甚句》とよばれたが,最初の一句をとって《おてもやん》の曲目名で定着したものである。不美人主人公おてもやんのちょっと開きなおった言いぐさが楽しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おてもやん

熊本県の民謡で、酒席の騒ぎ唄。熊本方言で唄われる。源流は維新前後に花柳界で流行した本調子甚句の一種「そうじゃおまへんか節」。熊本甚句。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おてもやん
おてもやん

熊本県の民謡。もとは全国各地の花柳界などで歌われた騒唄(さわぎうた)だったが、肥後熊本に運ばれて土地のことばの歌詞になり、『熊本甚句(じんく)』とよばれていた。その後、歌い出しの一句をとった曲名にしたほうがおもしろいということで『おてもやん』となった。「おてもやん」の「やん」は何々さんの「さん」にあたる。歌詞の第一節では、嫁入りの感想を聞かれた「おてもやん」が、土地のことばでユーモラスな返答をする内容になっている。1936年(昭和11)赤坂小梅がレコードに吹き込んでから全国的に広まり、踊りの振りもつけられ、テンポが速くて明るいところが幅広い層に受けている。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おてもやんの関連情報