コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネコ

デジタル大辞泉の解説

ね‐こ【猫】

《「ね」は鳴き声の擬声、「こ」は親愛の気持ちを表す接尾語》
食肉目ネコ科の哺乳類。体はしなやかで、足裏に肉球があり、爪を鞘に収めることができる。口のまわりや目の上に長いひげがあり、感覚器として重要。舌はとげ状の突起で覆われ、ざらつく。夜行性で、目に反射板状の構造をもち、光って見える。瞳孔は暗所で円形に開き、明所で細く狭くなる。単独で暮らす。家猫はネズミ駆除のためリビアヤマネコやヨーロッパヤマネコなどから馴化(じゅんか)されたもの。起源はエジプト王朝時代にさかのぼり、さまざまな品種がある。日本ネコは中国から渡来したといわれ、毛色により烏猫虎猫三毛猫斑(ぶち)猫などという。ネコ科にはヤマネコトラヒョウライオンチーターなども含まれる。
《胴を猫の皮で張るところから》三味線のこと。
《三味線を弾くところから》芸妓のこと。
「―が一枚とびこむと、八右衛門がしらまで、浮気になってがなりだす」〈魯文安愚楽鍋
猫火鉢」の略。
猫車」の略。
[下接語]海猫飼い猫烏(からす)猫唐(から)猫雉(きじ)猫恋猫小猫麝香(じゃこう)猫シャム猫漁(すなど)り猫虎(とら)猫どら猫泥棒猫盗っ人(と)猫野猫野良猫灰猫化け猫ペルシア猫招き猫三毛猫山猫

びょう【猫】[漢字項目]

常用漢字] [音]ビョウ(ベウ)(漢) ミョウ(メウ)(呉) [訓]ねこ
〈ビョウ〉獣の名。ネコ。「猫額愛猫怪猫霊猫
〈ねこ〉「猫舌猫背海猫子猫山猫野良猫三毛猫
[難読]猫糞(ねこばば)斑猫(はんみょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンの長編小説(1967)。原題《〈仏〉Le Chat》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ねこ【猫】

食肉目ネコ科の哺乳類。体長50センチメートル 内外。毛色は多様。指先にはしまい込むことのできるかぎ爪がある。足裏には肉球が発達し、音をたてずに歩く。夜行性で、瞳孔は円形から針状まで大きく変化する。本来は肉食性。舌は鋭い小突起でおおわれ、ザラザラしている。長いひげは感覚器官の一つ。ペルシャネコ・シャムネコ・ビルマネコなど品種が多い。古代エジプト以来神聖な動物とされる一方、魔性のものともされる。愛玩用・ネズミ駆除用として飼われる。古名、ねこま。
〔猫の皮を張ったものが多いところから〕 三味線。 「 -が悪くつて困つたに違ちげえはねえのさ/洒落本・妓娼精子」
〔三味線を使うところから〕 芸妓。 「猿若町の老ふる-が二組さね/安愚楽鍋 魯文
大坂堀江付近・江戸本所回向院付近の私娼。 「回向院ばかり涅槃に-が見え/柳多留 4
猫火鉢 」に同じ。
猫車ねこぐるま 」の略。 → 猫の恋猫の額猫の目

ねこま【猫】

ネコの古名。 〔和名抄〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【ミヤオ族(苗族)】より

…事実,史上に現れるミヤオ族の記載には上述のほか《後漢書》西羌(せいきよう)伝に見える〈三苗〉,唐代樊綽(はんしやく)撰《蛮書》などに見える黔,涇,巴,夏四邑苗衆の例,南北朝時代の《梁書》武陵王伝に見える〈武陵王自九黎侵軼,三苗寇擾〉などの例がある。さらにミヤオの名称は宋代の朱輔撰《渓蛮叢笑(けいばんそうしよう)》,または《元史》世祖本紀などに〈猫〉または〈貓〉として現れる。明代には,《明実録》や《明史》土司伝に土司上官あるいは反賊の頭目としてミヤオ族の動向が多く記述されている。…

※「猫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猫の関連情報