コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんセンター

百科事典マイペディアの解説

がんセンター

日本における癌患者多発の状況に応じて,癌の予防,診断,治療,基礎的研究のため設立された機関。東京に理想的なものをつくる方針で,1961年東京築地に国立がんセンターが設置され(1962年診療開始),その後各地に国公立のがんセンターが設立された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんセンター

癌,肉腫など悪性新生物に対する診断,治療,研究を行う施設。平均余命の延長が著しかった昭和20年代以降,老年人口の増加や抗生物質の適用,栄養状態の改善などによって感染症による死亡が減少するにともなって,悪性新生物による死亡数は増加の一途をたどり,1953年には死因第2位に,80年には第1位に上昇した。このような背景のもとで,62年,国立がんセンターが東京築地に,運営部,病院(中央病院),研究所を総合した形で設置された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

がんセンターの関連キーワードアルフレッド・ジョージ(Jr.) クヌッドソン希少がんホットライン埼玉県北足立郡伊奈町がん対策情報センター国立がん研究センター静岡県駿東郡長泉町福岡県福岡市南区ガン回廊の光と影東京都中央区築地奈良県立医科大学混合診療裁判高速螺旋CT胸腔鏡下手術地方医務局塚本 憲甫市川平三郎比企 能達西岡久寿弥佐藤 周子中原 和郎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がんセンターの関連情報