コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんセンター

2件 の用語解説(がんセンターの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

がんセンター

日本における癌患者多発の状況に応じて,癌の予防,診断,治療,基礎的研究のため設立された機関。東京に理想的なものをつくる方針で,1961年東京築地に国立がんセンターが設置され(1962年診療開始),その後各地に国公立がんセンターが設立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんセンター

癌,肉腫など悪性新生物に対する診断,治療,研究を行う施設。平均余命の延長が著しかった昭和20年代以降,老年人口の増加や抗生物質の適用,栄養状態の改善などによって感染症による死亡が減少するにともなって,悪性新生物による死亡数は増加の一途をたどり,1953年には死因第2位に,80年には第1位に上昇した。このような背景のもとで,62年,国立がんセンターが東京築地に,運営部,病院(中央病院),研究所を総合した形で設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

がんセンターの関連情報