ぎんぎん(読み)ギンギン

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐ぎん

[形動]あることに熱中して気分が高揚しているさま。また、その対象にもいう。「ぎんぎんに踊りまくる」「ぎんぎんなロック」
[副](スル)
犬や虫などがうるさく鳴くさま。
「蝉が―鳴いていた」〈葛西子をつれて
頭がひどく痛むさま。「二日酔いで頭がぎんぎんする」
[アクセント]はギンギンンギン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんぎん

[1] ( 副 ) スル
頭がひどく痛むさま。頭にひどくひびくさま。
[0] ( 形動 )
熱中しているさま。 「 -に盛り上がる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎん‐ぎん

〘副〙
① 虫などがうるさい声を立てて鳴くさまを表わす
※子をつれて(1918)〈葛西善蔵〉「松の樹にはいつでも蝉がギンギン鳴いてゐた」
② 頭が、絶えずひどく痛むさまを表わす語。
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉一三「昨夜の悪酒がいくらかまだ残ってゐて、頭がぎんぎん痛む」
③ 気分が非常に高揚した状態になるさまを表わす語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎんぎんの関連情報