剛強(読み)ごうきょう

精選版 日本国語大辞典「剛強」の解説

ごう‐きょう ガウキャウ【剛強】

〘名〙 (形動) (古くは「こうきょう」とも) たけく強いこと。勇猛なこと。また、そのさま、その人。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕山詩「能銷金与石、誰顧戒
※米沢本沙石集(1283)一「剛強の衆生因果を知らず」 〔老子‐三六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「剛強」の解説

ごう‐きょう〔ガウキヤウ〕【剛強】

[名・形動]《古くは「こうきょう」》たけく強いこと。勇猛なこと。また、そのさま。
「―無双の上に、徳川家には嫡々たる忠直卿に」〈菊池寛・忠直卿行状記〉
[類語]強い強力強大無敵最強力強い・勝負強い・屈強強豪強剛一騎当千手ごわい精強多力強烈強勢パワフル強靭精鋭破竹の勢い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android