剛強(読み)ゴウキョウ

デジタル大辞泉 「剛強」の意味・読み・例文・類語

ごう‐きょう〔ガウキヤウ〕【剛強】

[名・形動]《古くは「こうきょう」》たけく強いこと。勇猛なこと。また、そのさま。
「―無双の上に、徳川家には嫡々たる忠直卿に」〈菊池寛忠直卿行状記
[類語]強い強力強大無敵最強力強い・勝負強い・屈強強豪強剛一騎当千手ごわい精強多力強烈強勢パワフル強靭精鋭破竹の勢い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「剛強」の意味・読み・例文・類語

ごう‐きょう ガウキャウ【剛強】

〘名〙 (形動) (古くは「こうきょう」とも) たけく強いこと。勇猛なこと。また、そのさま、その人。
性霊集‐一(835頃)遊山慕山詩「能銷金与石、誰顧戒剛強
※米沢本沙石集(1283)一「剛強の衆生因果を知らず」 〔老子三六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「剛強」の読み・字形・画数・意味

【剛強】ごうきよう

剛彊

字通「剛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android