さしゃる(読み)サシャル

デジタル大辞泉の解説

さしゃ・る[動]

[動ラ特活]《動詞「さす」の連用形「させ」に助動詞「やる」が付いた「させやる」の音変化》「させる」の意で、対等、またはそれに近い下位のものからさせられるときにいう。
「あのやうなる病者(やまひもの)ををこして、迷惑を―・る事じゃ」〈狂言記・緡縄〉
[補説]活用は助動詞「やる」に同じ。

さしゃ・る[動]

[動ラ特活]《サ変動詞「す」の未然形「せ」に尊敬の助動詞「さしゃる」の付いた「せさしゃる」の音変化か》「する」の意の尊敬語。なさる。せられる。
「隙(ひま)じゃさかいに夜番―・りますか」〈浮・一代女・二〉
[補説]活用は下二段型「れ・れ・る・るる・るれ・れよ(れい)」と、四段型「ら・り・る・る・れ・れ」の混合型である。

さしゃる[助動]

[助動][さしゃら(さしゃろ)|さしゃり(さしゃっ)|さしゃる|さしゃる|さしゃれ|さしゃれ(さしゃい)]《尊敬の助動詞「さす」の未然形に尊敬の助動詞「らる」が付いた「させらる」の音変化》上一段・上二段・下一段・下二段・カ変動詞および一部の助動詞の未然形に付く。尊敬の意を表す。…なさる。→さっしゃるしゃる
「風ひかぬやうにして寝さしゃれませい」〈浮・一代女・五〉
[補説]活用は、もと下二段型(未然形連用形「さしゃれ」)であったが、のち四段型となる。多く近世上方の歌舞伎・浄瑠璃などに用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしゃる

( 動ラ特活 )
〔動詞「さす(さする)」の連用形「させ」に助動詞「やる」が付いた「させやる」の転〕
「させる」の意。同等またはそれに近い下位の者からさせられるときにいう。させる。 「由兵衛のいき畜生、文言しれぬ手形によふ判を-・つたのう/浄瑠璃・今宮心中 」 〔活用は「さしゃら・さしゃり(さしゃっ)・さしゃる・さしゃる・さしゃれ・さしゃれ(さしゃ)」〕

さしゃる

( 動ラ特活 )
〔サ変動詞「する」に助動詞「さしゃる」が付いた「せさしゃる」の転。近世上方語〕
「する」の意の尊敬語。なさる。せられる。さっしゃる。 「なんと-・れましたぞ/狂言記・緡縄」 「月夜で風のふかぬ時隙じやさかいに夜番-・りますか/浮世草子・一代女 2」 〔活用は助動詞「さしゃる」に同じで、下二段・四段両活用混在の特別活用である〕

さしゃる

( 助動 ) ( さしやら(さしやろ・さしやれ) ・さしやり(さしやつ・さしやれ) ・さしやる(さしやるる) ・さしやる(さしやるる) ・さしやれ(さしやるれ) ・さしやれ )
〔「させらる」の転。近世上方語。後期には江戸でも用いられたが、江戸では「さっしゃる」の方が普通。→さっしゃる
上一段・下一段・上二段・下二段活用の動詞の未然形に(江戸語ではカ行変格活用の連用形にも)接続する。話し手が動作の主体に対して尊敬の意を表す。お…なさる。さっしゃる。 「一寸乗つてつい下りさしゃりませ/歌舞伎・好色伝授」 「今夜はお月様がよくさへさしゃった/洒落本・郭中奇譚」 〔活用は、初め下二段活用型(さしゃれ・さしゃれ・さしゃる・さしゃるる・さしゃるれ・さしゃれ)であったが、のち、四段活用型(さしゃら・さしゃり・さしゃる・さしゃる・さしゃれ・さしゃれ)にも活用し、両活用混在の型になった〕 → しゃる(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さしゃ・る

〘他ラ特活〙 (活用は助動詞「やる」に同じ。動詞「さす(る)」の連用形「させ」に、助動詞「やる」が接続した「させやる」の変化した語) 「させる」の意で、対等または対等に近い下位のものからさせられるときにいう。
狂言記・緡縄(1660)「あのやうな病者(やまひもの)ををこして。迷惑をさしゃる事じゃ」

さしゃ・る

〘他ラ特活〙 (活用は助動詞「さしゃる」に同じ。助動詞「さしゃる」がサ変動詞に接続した「せさしゃる」の意に用いた語。ただし、「せさしゃる」の例は見られない) 「する」の意の尊敬語。なさる。せられる。近世上方の語で、江戸では「さっしゃる」が用いられた。
※狂言記・緡縄(1660)「なんと、さしゃれましたぞ」
※盤珪仏智弘済禅師御示聞書(1688‐1704頃)上「是をよく決定さへさしゃるれば」

さしゃる

〘助動〙 (「させらる(る)」の変化した語) 動作の主体(受身の場合は動作を受ける主体)に対する尊敬の意を表わす語。お…なさる。
① 上方語。一・二段活用型の活用語の未然形に付く。→補注(2)。
※狂言記・二千石(1660)「御一門の参会にも。しゃうざをつめさしゃれまする」
② 江戸語。上一・下一段活用型の活用語の未然形、カ変の連用形に付く。普通「さっしゃる」の形で用いられることが多い。
洒落本・郭中奇譚(1769)掃臭夜話「今夜はお月様がよくさへさしゃった」
[補注](1)近世初期、上方に発生した語。後期には江戸でも使用されたが、「さっしゃる」の形の方が普通である。
(2)サ変動詞に接続する時は、「せさしゃる」とはならず、「さしゃる」の形で用いる。また、上方語では、まれに、四段活用の未然形に接続していると見られる例がある。「かうとうさまのまいらさしゃれまするならまいりませう」〔狂言記・丼礑〕など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android