コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さしゃる サシャル

デジタル大辞泉の解説

さしゃる[助動]

[助動][さしゃら(さしゃろ)|さしゃり(さしゃっ)|さしゃる|さしゃる|さしゃれ|さしゃれ(さしゃい)]《尊敬の助動詞「さす」の未然形に尊敬の助動詞「らる」が付いた「させらる」の音変化》上一段・上二段・下一段・下二段・カ変動詞および一部の助動詞の未然形に付く。尊敬の意を表す。…なさる。→さっしゃるしゃる
「風ひかぬやうにして寝さしゃれませい」〈浮・一代女・五〉
[補説]活用は、もと下二段型(未然形連用形「さしゃれ」)であったが、のち四段型となる。多く近世上方の歌舞伎・浄瑠璃などに用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さしゃる

( 動ラ特活 )
〔動詞「さす(さする)」の連用形「させ」に助動詞「やる」が付いた「させやる」の転〕
「させる」の意。同等またはそれに近い下位の者からさせられるときにいう。させる。 「由兵衛のいき畜生、文言しれぬ手形によふ判を-・つたのう/浄瑠璃・今宮心中 」 〔活用は「さしゃら・さしゃり(さしゃっ)・さしゃる・さしゃる・さしゃれ・さしゃれ(さしゃ)」〕

さしゃる

( 動ラ特活 )
〔サ変動詞「する」に助動詞「さしゃる」が付いた「せさしゃる」の転。近世上方語〕
「する」の意の尊敬語。なさる。せられる。さっしゃる。 「なんと-・れましたぞ/狂言記・緡縄」 「月夜で風のふかぬ時隙じやさかいに夜番-・りますか/浮世草子・一代女 2」 〔活用は助動詞「さしゃる」に同じで、下二段・四段両活用混在の特別活用である〕

さしゃる

( 助動 ) ( さしやら(さしやろ・さしやれ) ・さしやり(さしやつ・さしやれ) ・さしやる(さしやるる) ・さしやる(さしやるる) ・さしやれ(さしやるれ) ・さしやれ )
〔「させらる」の転。近世上方語。後期には江戸でも用いられたが、江戸では「さっしゃる」の方が普通。→さっしゃる
上一段・下一段・上二段・下二段活用の動詞の未然形に(江戸語ではカ行変格活用の連用形にも)接続する。話し手が動作の主体に対して尊敬の意を表す。お…なさる。さっしゃる。 「一寸乗つてつい下りさしゃりませ/歌舞伎・好色伝授」 「今夜はお月様がよくさへさしゃった/洒落本・郭中奇譚」 〔活用は、初め下二段活用型(さしゃれ・さしゃれ・さしゃる・さしゃるる・さしゃるれ・さしゃれ)であったが、のち、四段活用型(さしゃら・さしゃり・さしゃる・さしゃる・さしゃれ・さしゃれ)にも活用し、両活用混在の型になった〕 → しゃる(助動)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さしゃるの関連キーワードさしゃんすやしゃる浮世草子さしゃるさしったさある助動詞病者

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android