ちょうちん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ちょうちん

ろうそく用の携帯灯火具。細いひご (割り竹) を骨とし,これに紙を張り,伸縮自在にしてあるものが多い。形は球形,円筒形,なつめ形など。夜間の外出に携行するほか,門前,軒先などに掲げて目印に使用したり,定紋を入れて,携行する人の所属を明確にするようになっていた。現在ではおもに装飾に用いられ,祭礼や盆踊り,納涼場所などで使用される。初めは中国から伝来したもので,ろうそく生産が少量であったため,その使用は一部の者に限られた。当時のものは吊灯籠式のもので,次いで籠に紙を張り取手をつけた籠ちょうちんが使用されるようになった。火袋の折りたたみができるものが考案されたのは文禄年間 (1592~96) のことで,江戸時代に入ってからは,ろうそくの生産が増加するにつれ,ちょうちんの使用も一般化し,その生産,販売を業とするものも現れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ちょうちん

1987年公開の日本映画。監督:梶間俊一、原作・脚本:金子正次、脚本:塙五郎。出演:陣内孝則、新田恵利、渡辺正行小沢仁志小林稔侍原田芳雄内藤剛志石田えりほか。第30回ブルーリボン賞主演男優賞(陣内孝則)、第42回毎日映画コンクール女優助演賞(石田えり)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょうちんの関連情報