ちょろ(読み)チョロ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょろ

〘名〙 「猪牙船(ちょきぶね)」の東海以西での呼び名。江戸でも幕府の御船手所属のものはこの名で呼び「水押ちょろ」と「箱ちょろ」の二種があった。寸法はともに猪牙船とほぼ同じである。軽快に走るところからいう。〔和漢船用集(1766)〕

ちょろ

〘名〙 「ちょろけん①」の略。
※風俗画報‐一五六号(1898)人事門「戸毎に手の裏の撮み銭を乞ひつつ歩行めば、チョロは躍如として、飛び歩行(ある)き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょろの関連情報