コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちんどん屋 チンドンヤ

日本文化いろは事典の解説

ちんどん屋

人目をひく服装をして、鉦〔かね〕(※)や太鼓、三味線・クラリネットなどの楽器を鳴らしながら広告・宣伝を行う職業の人々の事です。 日本特有の街頭宣伝業で、別名「東西屋〔とうざいや〕」、「広目屋〔ひろめや〕」とも言われています。(※)鉦 銅の合金などで作られた平たい円盆形の打楽器。京都祇園祭の祇園囃子のコンチキチンの音色。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんどんや【ちんどん屋】

人目を引く派手な服装で、三味線・太鼓・鐘・クラリネットなどを奏しながら、広告・宣伝をして歩く職業。また、その人。ひろめや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちんどん屋の関連キーワード人寄せ広め屋人目

ちんどん屋の関連情報