コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園囃子 ギオンバヤシ

デジタル大辞泉の解説

ぎおん‐ばやし〔ギヲン‐〕【××囃子】

祭り囃子の一つで、京都八坂神社祇園会のときに、山鉾(やまぼこ)の上などで、笛・太鼓・鉦(かね)ではやされるもの。 夏》
歌舞伎下座音楽で、祇園会の山鉾巡行の囃子の趣にならったもの。「弁天小僧」のつらね、「助六」の股くぐりのくだりなどに使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎおんばやし【祇園囃子】

祇園会の山鉾やまぼこの上で、笛・太鼓・鉦かねなどで奏する囃子。 [季] 夏。
歌舞伎の下座の一。祇園囃子を江戸の祭り囃子風にしたもので、「夏祭浪花鑑なにわかがみ」の殺し場に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祇園囃子
ぎおんばやし

京都の祇園祭祭囃子。7月17日の山鉾(やまぼこ)の巡行に際して鉾の上で演奏される。今日みるような山鉾については、1500年(明応9)の山鉾再興まではさかのぼることができるが、囃子の歴史は不詳である。今日に伝わる囃子は「コンチキチン」の俗称で表されるように、鉦(かね)の響きに特徴があり、鉦が十数丁と、締(しめ)太鼓数個、笛(竜笛(りゅうてき)または能管(のうかん))十数本で編成されている。10基ある鉾ごとに独自の曲を30曲程度ずつ所有する。大別すると、奉納囃子、渡り囃子(四条河原町まで、緩テンポ)、戻り囃子(四条河原町以後、急テンポ)となる。なお、地方の祭囃子にも祇園囃子の名を冠したものがあり、また下座(げざ)音楽にもある。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の祇園囃子の言及

【祭囃子】より

…地域により特色があるが,主要楽器としては太鼓・篠笛(しのぶえ)・鉦(かね)などが用いられる。京都の祇園祭の祇園囃子や江戸の葛西(かさい)囃子馬鹿囃子などはその代表的なものであり,とくに祇園囃子は歴史が古く,祭囃子としてほぼ全国に及んでいる。京都の祇園囃子は鉦・太鼓・笛(能管)によって演奏されるが,鉦がきわめて印象的で一口に〈コンチキチン〉と呼びあらわされており,笛は能管を用いる。…

※「祇園囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

祇園囃子の関連キーワード浪花 千栄子進藤 英太郎川口 松太郎木暮 実千代溝口 健二ちんどん屋祭り囃子鳳凰の舞殺し場清水宏能管下座

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祇園囃子の関連情報