祇園囃子(読み)ギオンバヤシ

  • ×祇▽園×囃子
  • ぎおんばやし ギヲン‥
  • ぎおんばやし〔ギヲン〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都の祇園祭の祭囃子。7月17日の山鉾(やまぼこ)の巡行に際して鉾の上で演奏される。今日みるような山鉾については、1500年(明応9)の山鉾再興まではさかのぼることができるが、囃子の歴史は不詳である。今日に伝わる囃子は「コンチキチン」の俗称で表されるように、鉦(かね)の響きに特徴があり、鉦が十数丁と、締(しめ)太鼓数個、笛(竜笛(りゅうてき)または能管(のうかん))十数本で編成されている。10基ある鉾ごとに独自の曲を30曲程度ずつ所有する。大別すると、奉納囃子、渡り囃子(四条河原町まで、緩テンポ)、戻り囃子(四条河原町以後、急テンポ)となる。なお、地方の祭囃子にも祇園囃子の名を冠したものがあり、また下座(げざ)音楽にもある。

[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 祇園会(ぎおんえ)の時に、山鉾(やまほこ)の上で笛、鉦(しょう)、太鼓などで行なう囃子。《季・夏》
※虎明本狂言・祇園(室町末‐近世初)「ぎおんはやしにふく笛の、太こをおほせつえをつき」
② 歌舞伎で、囃子の一つ。立ち回りの時などに用いる。
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論「三番叟・三つ地・七草・祇園囃(ギヲンバヤシ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祇園囃子の言及

【祭囃子】より

…地域により特色があるが,主要楽器としては太鼓・篠笛(しのぶえ)・鉦(かね)などが用いられる。京都の祇園祭の祇園囃子や江戸の葛西(かさい)囃子馬鹿囃子などはその代表的なものであり,とくに祇園囃子は歴史が古く,祭囃子としてほぼ全国に及んでいる。京都の祇園囃子は鉦・太鼓・笛(能管)によって演奏されるが,鉦がきわめて印象的で一口に〈コンチキチン〉と呼びあらわされており,笛は能管を用いる。…

※「祇園囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祇園囃子の関連情報