コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ち[五十音]

五十音図タ行の第2音。硬口蓋の無声破擦子音[tʃ]と母音[i]とから成る音節。[tʃi]
平仮名「ち」は「知」の草体から。片仮名「チ」は「千」の全画から。
[補説]「ち」は、古くは歯茎の無声破裂子音[t]と母音[i]とから成る音節[ti]であったが、室町時代末にはすでに[tʃi]と発音されていた。

ち[語素]

[語素]指示代名詞の下に付いて、方角・場所・時間などの意を表す。「こ(此方)」「いず(何処)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図タ行第二段の仮名。硬口蓋破擦音の無声子音と前舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「ち」は「知」の草体。片仮名「チ」は「千」の全画。

( 接尾 )
指示代名詞に付いて、方角・場所を示す。 「いず-」 「こ-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第4行第2段の仮名。平仮名の「ち」は「知」の草体から、片仮名の「チ」は「千」からできたものである。万葉仮名では「知、智、、陳、致(以上音仮名)、千、市、血、茅、乳(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「遲、治、地、恥、尼、泥(以上音仮名のみ)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(地)」「(千)」「(遲)」「(致)」などがある。
 音韻的には/ci/で、歯茎と硬口蓋こうこうがいの中間と舌との間で調音する無声破擦音[t]を子音にもつ。濁音は、東北、出雲(いずも)地方や四国、九州の一部などを除いて、ザ行のジと合一して[d]を子音とする。表記上は主として「じ」を用いるが、連濁や同音連呼の第二音濁音化の場合には「ぢ」を用いる(「はなぢ(鼻血)」「ちぢむ(縮む)」)。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【釣針】より

…魚を釣るための針。〈つり〉〈はり〉〈ち〉などともいう。各部の名称を図に示す。…

※「ち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ちの関連キーワードメンケス症候群ヤンジエチー指示代名詞御節料理二瀬ダム父無し子鉢かつぎ親知らず奄智王土一揆ワギナ木立ち硬口蓋乳貰い鼓桴預地墓地地所笞罪笞刑

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちの関連情報