ところ

大辞林 第三版の解説

ところ

( 接助 )
〔形式名詞「ところ」から〕
ところが(接助)」に同じ。 「家へ帰ってみた-、荷はもう着いていた」

ところ

( 接尾 )
助数詞。
場所・箇所を数えるのに用いる。 「気に入らぬ所がふた-ある」
貴人の人数を数えるのに用いる。 「ただ一-ふかき山へ入給ひぬ/竹取」 「女御子たち二-、この御腹におはしませど/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ところの関連情報