コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ところ ところ

大辞林 第三版の解説

ところ

( 接助 )
〔形式名詞「ところ」から〕
ところが(接助)」に同じ。 「家へ帰ってみた-、荷はもう着いていた」

ところ

( 接尾 )
助数詞。
場所・箇所を数えるのに用いる。 「気に入らぬ所がふた-ある」
貴人の人数を数えるのに用いる。 「ただ一-ふかき山へ入給ひぬ/竹取」 「女御子たち二-、この御腹におはしませど/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ところの関連キーワード天井掴み底たたき・天井摑み底たたき十目の視る所十手の指す所沈香も焚かず屁もひらず笑い三年泣き三月チャームポイントビーチブレイク一脈相通ずる人は人我は我『夜明け前』壺にはまる回り回って寸進尺退形式名詞一山越す最高学府其処此処晴るけ所ところへ倶会一処臍下丹田

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ところの関連情報