コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にや ニヤ

3件 の用語解説(にやの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

に‐や

[連語]
《断定の助動詞「なり」の連用形+係助詞「や」》

㋐文中にあって連体形の結びを伴う用法。…で…か。
「朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふつもり―ありけむ」〈・桐壺〉
㋑文末にあって結びを伴わない用法。…なのか。
「あやし。ひが耳―」〈・若紫〉
軽く詠嘆的に言い切る意を表す。
「さもあるべき事―」〈奥の細道
[補説]1㋐は下に「あらむ」「あるらむ」「ありけむ」などを伴うことが多い。2は江戸時代の用法。
《格助詞「に」+係助詞「や」》疑問・反語の意を表す。…に…か。
「そなた―まゐり来(く)べき」〈かげろふ・下〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にや

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に係助詞「や」の付いたもの〕
(後にくる「あらむ」などの語と呼応して)断定することに対しての疑問または反語の意を表す。 「大納言南海の浜に吹き寄せられたる-あらむと思ひて/竹取」 「雪の山、まことの越の-あらむと見えて、消えげもなし/枕草子 87
(後にくる「あらむ」などの語を省略した形で)
(文末に用いて)疑問の意を表す。 「尋常よのつねならぬさまなれども、人にいとはれず、よろづ許されけり。徳の至れりける-/徒然 60
(文中の挿入句に用いて)断定することを避けて、疑いを残す意を表す。 「ことし元禄二とせ-、奥羽長途の行脚只かりそめに思ひたちて/奥の細道」

にや

( 連語 )
〔格助詞「に」に係助詞「や」の付いたもの〕
格助詞「に」で示されるものに関して、疑問または反語の意を表す。 「立ちしなふ君が姿を忘れずは世の限り-恋ひ渡りなむ/万葉集 4441」 「夢-見ゆらむと、そらおそろしく/源氏 帚木

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

にやの関連情報