コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニレ

大辞林 第三版の解説

にれ【楡】

ニレ科ニレ属の植物の総称。北半球の温帯に約20種がある。ハルニレ・アキニレ・オヒョウの3種が日本に自生。街路樹・公園樹とし、材は器具・家具あるいは薪炭材とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

楡 (ニレ)

植物。ニレ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。アキニレの別称

楡 (ニレ・ニレノキ)

植物。ニレ科ニレ属の樹木の総称

楡 (ニレ・ヌレ;ネリ)

植物。ニレ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。ハルニレの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

楡の関連キーワード宿命 1969ロバート・エドモント ジョーンズセミョーン ババエフスキー吾亦紅・吾木香・我毛香ワレモコウ(吾木香)サンヤー(三亜)市アキニレ(秋楡)楡岾寺五十三仏楡の木陰の欲情土壌アルミン半分、青い。大理[市]ムウス砂漠羽越しな布ワレモコウオルドス禰寝清種細川謙三中村三蕉桂 南八

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楡の関連情報