コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニレ

大辞林 第三版の解説

にれ【楡】

ニレ科ニレ属の植物の総称。北半球の温帯に約20種がある。ハルニレ・アキニレ・オヒョウの3種が日本に自生。街路樹・公園樹とし、材は器具・家具あるいは薪炭材とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

楡 (ニレ)

植物。ニレ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。アキニレの別称

楡 (ニレ・ニレノキ)

植物。ニレ科ニレ属の樹木の総称

楡 (ニレ・ヌレ;ネリ)

植物。ニレ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。ハルニレの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

楡の関連キーワード宿命 1969ロバート・エドモント ジョーンズセミョーン ババエフスキー吾亦紅・吾木香・我毛香ワレモコウ(吾木香)サンヤー(三亜)市アキニレ(秋楡)楡の木陰の欲情楡岾寺五十三仏半分、青い。土壌アルミンムウス砂漠ワレモコウ斎藤 輝子羽越しな布大理[市]桂 南八禰寝清種オルドス近藤篤山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楡の関連情報