ぺろぺろ(読み)ペロペロ

デジタル大辞泉の解説

ぺろ‐ぺろ

[副]
舌で物をなめまわすさま。「皿をぺろぺろ(と)なめる」
舌のよく動くさま。ぺらぺら。
「―と読んで聞かせました」〈藤村千曲川のスケッチ
いかにもうまそうに次々と食べるさま。「ぺろぺろ(と)平らげる」
小さな炎をあげながら燃えるさま。
「竈の火の―と燃え上るのを見た」〈長塚
[形動]薄っぺらなさま。
「―のスフの国民服」〈野間真空地帯
[アクセント]ロペロ、はペロペロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぺろぺろ

( 副 )
舌で物をなめるさま。 「アイスクリームを-(と)なめる」
わずかな時間に食べ尽くすさま。ぺろり。 「 -(と)平らげた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぺろ‐ぺろ

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 物をなめまわすさまを表わす語。
※咄本・聞上手(1773)生酔「生酔の頭や顔をぺろぺろとなめれば」
のよく回るさまを表わす語。ぺらぺら。
※是は是は(1889)〈幸田露伴〉一「静にぺろぺろと何か談(はな)せば通辞の者佐野平に申すやう」
③ またたく間に食べつくすさまを表わす語。
※新世帯(1908)〈徳田秋声〉二六「新吉は刺身をペロペロと食って」
④ 小さな炎をあげながら燃えるさまを表わす語。ちろちろ。
※土(1910)〈長塚節〉二「お品は竈の火のぺろぺろと燃え上るのを見た」
[2] 〘形動〙 薄っぺらなさま。布地などの薄く安っぽいさま。ぺらぺら。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉四「水で皮がペロペロになってゐる材木」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぺろぺろの関連情報