ぺろぺろ(読み)ペロペロ

デジタル大辞泉の解説

ぺろ‐ぺろ

[副]
舌で物をなめまわすさま。「皿をぺろぺろ(と)なめる」
舌のよく動くさま。ぺらぺら。
「―と読んで聞かせました」〈藤村千曲川のスケッチ
いかにもうまそうに次々と食べるさま。「ぺろぺろ(と)平らげる」
小さな炎をあげながら燃えるさま。
「竈の火の―と燃え上るのを見た」〈長塚
[形動]薄っぺらなさま。
「―のスフの国民服」〈野間真空地帯
[アクセント]ロペロ、はペロペロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぺろぺろ

( 副 )
舌で物をなめるさま。 「アイス-クリームを-(と)なめる」
わずかな時間に食べ尽くすさま。ぺろり。 「 -(と)平らげた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぺろぺろの関連情報