コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べろべろ ベロベロ

3件 の用語解説(べろべろの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べろ‐べろ

[副]
舌を出して、しきりに物をなめるさま。「手をべろべろ(と)なめる」
火が勢いよく燃えるさま。
「焔の赤い舌が―と長く立った」〈長塚
やわらかいさま。
「臓腑は丁度斯う大風呂敷の包のように―したままで」〈藤村破戒
[形動]
酔ってろれつが回らないさま。正体がないほどに、ひどく酒に酔ったさま。べろんべろん。「飲みすぎてべろべろになる」
薄っぺらなさま。
「―の薄羽織を着て」〈漱石道草
[アクセント]ロベロ、はベロベロ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

べろべろ


石川県金沢市郷土料理で、溶き卵を寒天で寄せたもの。だし汁で寒天を煮溶かし、しょうゆ・砂糖・おろししょうがで調味して、これに溶き卵を流し入れ、卵が固まったら火をとめて冷まし固める。正月や祭り、祝いの席に欠かせない料理。◇「卵のべろべろ」「えびす」ともいう。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べろべろの関連情報